ハイブリッド20FEETX2_ハイマウント_プール付_パッケージディール方式

ハイマウント型の20FEETX2_PD型VILLA
掲載分は「宿泊施設向けだが、住宅バージョンも可能。
ハイマウントとは「基礎が高床式」になっている。
地表の湿度から解放される。湿度の高い高原や、南の島など、また「高潮」や「津波」の被害が考えられる所などに向いている平屋だ。
プールのある生活を実現する画期的プラン。
プールの水は最新の「浄化装置」で浄化されるため
給水にはそれほど水は使わない。

3000万からの設定

金額に入っていないものは
デッキはオプション
消費税
1.基礎は地盤によって変わる
2.上下水道の状況
3.電気・ガスなどのインフラストラクチャ
4.お運びする場所
5.建築時の監理費(出張のあるなし)
などの変化要素は価格に含まれておりませんので、詳細はお尋ねください。

 

f7ddb2d8b0802831d9176255c687b1e0-940x582-1

93140143_2918746838205265_1118308758305374208_o 93369861_2918746751538607_3968891330188279808_o 93516549_2918746708205278_5234137538234417152_o 93569786_2918746911538591_8573138435194224640_o 93782788_2918746734871942_7215418720816988160_o 94023938_2918746741538608_693557138638766080_o 94143673_2918746801538602_7452611274740858880_o 94143679_2918746858205263_4314508967700070400_o 94488494_2918746848205264_6749364891745779712_o

コンテナハウス 別荘 「The world of INTERIORS」掲載作品(古宇利島のTHE_CONTAINER)

世界的に有名な英国の建築雑誌「The world of INTERIORS」にも掲載された「世界的物件」(爆)
テレビ取材も、本土から撮影隊が来て何回もありました。

沖縄県の「古宇利島の4階建コンテナハウス」_「INN_STUDIO」

構想3年、施工 1年。
設計監理:archimetal.jp   アートディレクター:argonauts_古賀(オーナー自身)
コンテナハウスの世界では「構造における、適合性判定を受け、それをクリアした最初で最後の物件」じゃないかな。

コンテナはもちろん全て超オリジナル構造体で
いくつものコンテナ工場に「難しい」「めんどくさい」(爆)と断られ
最後は株式会社デベロップの青島工場にて製作してもらいました。

というわけで、色々なWEBに掲載されていますが、
archimetal.jpとオーナー本人の古宇利島の狂人(古賀氏)とデベロップだけが関係者で
他に掲載している会社はなんの関係もありません(爆)
お尋ねになっても何も説明出来ません(爆)
何かあればわたくしどもにお尋ねください。

「住宅」として作られました。
現在は「住宅兼CAFE」として営業なさっています。(CAFEとしては気まぐれ営業なので確認してね)
横に平屋のISOコンテナの倉庫がありますがこの部分は「4号建築」という事で確認を受けています。

フォトジェニックな写真が撮れるCAFE として訪れた方々は「一体なんなのアレ」という圧倒的感想を持たれます。

https://www.google.com/maps/place/INN+STUDIO+%2F+INN+CAFE/@26.7097409,128.0087346,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x34e458488f22b231:0x79d4a69de3ac6f98!8m2!3d26.7097409!4d128.0109233

その評価はすごいです。
実際みなさんインスタ映えする写真を撮りまくっています。
別荘的な作り、全てが常識はずれ、ものすごいコレクション、おもちゃ箱、びっくり箱。

下の写真は建築雑誌「The world of INTERIORS」にも掲載されたページ。結構10ページにわたる掲載でした。

YjzJU7wUQRCugRPF9qs7KA_thumb_5a54

 

ここから photo by argonauts

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5666

 

010

007

001

009

008

006

005

004

003

002

010

009

008

007

006

005

004

003

002

001

 

コンテナハウスと「神の手」

コンテナハウスの中です(工事中ですが)

コンテナのBOXが中心的構造材ですが、
そこから千手観音のように別の構造材が伸び、
イクステンショナルな空間が広がる。

これが「ハイブリッド&イクステンション工法」です。
これによって獲得される特質は
コンテナは決まったサイズですが、そのサイズにこだわる事なく
作りたい空間を作り出せるという事です。

そしてこの拡張空間はシステマティックな「約束」をされているケースもあります。
その約束は工業的に展開する場合に採用されます。

システマティックな約束がない場合もあります。
破棄された約束からは「アーティスティック」な空間を創出するケースがほとんどです。

どちらにしろある種の「神の手」はコンテナハウスの世界に大きな可能性を生み出します。
archimeta.jpの特徴です。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_443a

BTOIRtPSQ0aHRb8iiE4wAA_thumb_4434

IMG_0191

コンテナハウス 別荘 パッケージディール(建築中)

現在建築中の「南の島の別荘」

「島」で建築を行うのは一般の方にとってはなかなかハードルが高い。
建設会社は少ないし、実際職人もあまりいない。
お願いしてもいつ出来るかもわからない(爆)

そんな時コンテナハウスの別荘は強い味方だ。
しかも「パッケージディール」手法は
必要な構造材を自らのコンテナの中に入れて
20FEETX2台だけでやってくる
しかし展開し出来上がった時の面積は約70㎡

家族4〜5人が楽しく過ごせるパッケージだ。

完成したらまた写真を掲載します。
(沖縄県の久米島に建設中)
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5a2e

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_58ad

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_587c

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5875

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5878

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5877

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_586f

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_584c

20FEETX2_1LDK_PD_model_Ver_2._A3

コンテナハウス 別荘_最小のコテージ(9.9㎡)

別荘にもいろいろな考え方がある。
それはオーナーの自由だ。

このモデルは20FEETX1台で完結させる事を目的としている。
用途としては「趣味の基地」などを想定している。

山でも海でも草原でも
「別荘」を基地にして何かに興ずる。
そんな時の最小の予算で、最小の基地を作る。

20FEET1台で完結しているので
道さえあればどこにでも持って行って設置が出来る。

インフラがなければ「オフグリッド仕様」で
太陽光発電+バッテリー
水は持ち込み+タンク
トイレは「コンポストトイレ」なども今は可能だ。

シャワー
エアコン
ミニキッチン
ロフトベッド
トイレ
洗濯機
デッキでBBQ

機関ギアは揃っている

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_220a

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2209

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2207

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2208

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2206

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2205

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2204

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_565e

 

コンテナハウス 別荘(コンポジション)

コンテナハウス 別荘(コンポジション)

形のコンポジションでもあり色のコンポジションでもある。
別荘建築の一つのあり方として
日常を離れた「非日常」の演出も一つの方向性である。

風呂と薪ストーブなども演出の一つだ。
この別荘地は「温泉」も引いてあるので
5Mの吹き抜けの中の「温泉風呂」も特徴だ。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_72a1

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_72a2

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_72b9

IMG_0981

IMG_0959

IMG_0958

コンテナハウス 別荘(斜めコンテナ)

斜めコンテナといえばarchimetal.jpの専売特許みたいなもの。
流石にこれはマネできないでしょう。
実は内部のプランは全て違いますし、開口部もいろいろだが、
斜めコンテナの建物は全国に4箇所ある。

そのうち別荘が2物件
商業施設が2物件の4兄弟だ。

住居系ではやはりちょっと非日常的な「別荘」などにふさわしい。
約100㎡程度の延床面積で比較的別荘としては大きめだ。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_72a7

 

IMG_0950

 

IMG_0946

 

IMG_0945

 

 

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_72a8

 

新作_立体トラスとコンテナハウス

左右とレベルが半階ずれているコンテナをつなぐ立体トラス。
立体トラス部分に「屋根」が掛かる。

どのような時でも、最初は「思い付き」のような事から物事は始まるのだが
実はそれらは「思い付き」ではなく
なんとなく時間をかけてじわじわと醸成されて来たものであることが多い。
ある瞬間から「実際に作るフェーズ」への思考の展開が始まる。

ちょっと考え中。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1fc9

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1fc8

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1fc7

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1fc6

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1fc5

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1fc3

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1fd5

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1fd4

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1fd3

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1fd1