Garage house project

ガレージハウスを造りたいと言われたら「めっちゃマッチングいいやん」と思う。

このガレージハウスの施主はまだ若く30代、車もバイクも好きだ。三菱の軍用ジープとMINIを持つ。バイクも二台所有し、ガレージを充分な大きさで作りたいと考えていた。しかも公的融資のフラット35を使いたいという。公的融資もちゃんとした建築物なので使えるのでいいのですが、フラット35は設計基準がオーバースペックだと私どもは考えています。少々コストが上がってしまいますが、守らねばならないので、きちんと守ります。その分結局クライアントに負担がいくのでそこまで必要だろうかと思う点がいくつかあります。

11242780_910108752402427_5690920229309284075_n

11893732_910108609069108_1213458395911116239_o

11856495_910108799069089_3470533441970023458_o

11891985_910108212402481_2649811457695847324_n

11882983_910108735735762_3350650233113154703_o

 

010

009

008

007

006

005

004

003

002

001

コンテナの間に出来たガレージ

車好きの方にはガレージも居間のようなものです。
ダイニングや寝室からガレージがガラス越しに見えます。

tsunoda

今回のコンテナでは1Fに20FEETを3台間を空けて配し、その間の上に20FEETを向きを変えて4台載せその空間をガレージにするというまたまた初めての事をやってみました。その為に1階に配するコンテナは横向きになったコンテナとジョイントする為に8本柱になっています。

 

この建築の場合の難点は、本来コンテナは基礎上部でラーメンが成り立っているので「基礎」には地中梁というものを入れずにフラットスラブで施工して行きます(これも当社が考えた事でまねしないでください)が、ガレージ部分はコンテナがなく上で連結されている格好になるので、この場合は「地中梁」を施工しています。

ガレージハウスという「オトコの城」的存在は世のオトコどもは持ちたい空間かも知れません。実際そのような雑誌もいくつか発行されていますし一つの憧れる世界でありましょう。その時に「コンテナ無機質な鉄の質感」やごついデティールが、求める空間の方向性と合っている。つまりマッチングがいいという事になります。

コンテナハウス_cafe

IMG_1366

 

最新作_パンケーキカフェ(移設可能バージョン)

aina_pancake

 

IMG_1422

このカフェのオーナーは日本のみならず世界にその診療所を広げる「医療法人」がその母体となる法人だ。主要な土地を押さえては巨大な歯科診療所を開設して行く事で地域医療にも貢献しながら事業的にも成功を収めている。

多角的な戦略の中でスタッフが出した事業企画を会社が認めればその事業を提案者にまとめさせる。その一つの事業として「カフェ事業」が選ばれた。設置される場所は仙台の医療法人が所有する土地の一角だ。なんと6000㎡もある。まだ診療所のビルは建っていない。それが建つまでの5年程をここでこのカフェを営業する。診療所が建つ時にはこのカフェは「八王子」に移設予定だ。

それゆえ「移設可能バージョン」としてデザインされている。

 

ast

両サイドに20FEETコンテナの箱が配置され、その二つを在来工法で梁で繋ぎ、側面に建具を入れてこの空間も客席空間とした。それによってコンテナ2台で4.5台分の空間を創り出した。

また、キッチンは一つのコンテナに完全に集約し「移動可能な厨房」となり、給排水設備もここだけに集約されている。 なので、客席や他所には「電気設備の配線のみ」として計画され、「移動」の事も考えられているが「集約された事によるコストメリット」が出ている。

 

 

ast_02

 

カフェ事業というのは非常にコスト的に難しい事業だが、ビル内開業と同じ程度の投資で「戸建てのしかも移設可能な建築が出来る」というのは、立地環境も時の流れの中で変わって行く都市の中で「再挑戦」も出来る事を意味する。

「撤退」=「解体」だった今までの常識はここで変化する事となった。この移設可能な箱は、経営者にとっても心強い存在である。

その他のコンテナハウス カフェ

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_567d

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2452

0703092

 

コンテナカフェに関して特集を組みました。こちらも合わせてご覧ください。

 コンテナハウスのカフェ(WEB開業コーチング100のつばさ)

コンテナハウス カフェ 費用

 

BIZ向け移動体建築

IMG_1422

IMG_1366

同じ事業コンセプトで10年も20年も事業を続けて行く事は現代社会では困難だ。社会環境は日々変化し、経済環境も日々変化して行く。事業主はそれに巧みに対応しながら事業を推進して行く。しかしながらビジネスを実際に行う「立地環境」も含め、環境が劇的な変化を遂げ、あるいは長い時間の間に徐々に変化をし、結果的に大きな変容をし、当初の環境とはちがったものとなり、現行のビジネスとのマッチングが悪くなるケースは多い。

そんなとき「不動産」である「建築」は一般的には「不動」のもので、やり替えは効かない。一般的な方法は「業態を変え同じ場所で追従する」か「マッチングの合った他所へ移る」という2択となる。現代のそれなりの資本以上でビジネスをこなす場合、個人店主の店とは違い、多店舗あるいはFCで展開するようなビジネスの場合、時代とともにマイナーチェンジを繰り返しながら時代性とのマッチングは取るものの、劇的な変化をする事は逆にその事業スケールから難しい。

ある種の業を守りながら進展させて行くとき、分かりやすい唯一の可能性は「移転」だ。考えても見たまえ年間50店舗などという新店展開をする多店舗事業であれば、常識的にその半数くらいの店舗数が採算の悪い店から「閉店」させ、次の展開を目指す。

このとき「閉店」は「解体」を意味する。それはすなわち「償却」の対象だ。もし「移設」出来るなら意味が大きく変わる。「解体」ではなく「移設」となると、極めて効率的な資本の保全が出来るのだ。机上の計算では建築物の再生率は70%。移設費用を差し引いても60%。新規店舗を40%の費用で出店出来るという事に等しい。これ以上語る必要もあるまい。BIZ向け建築としては、構造体として不向きなものでない限り、このシステムを選ばない理由がなくなる。

aina_pancake

移動する事を前提にデザインされた「CAFE」プロジェクト

c-211 toshiba_0001

神の島のコンテナハウス

コンテナが持つシニフィアン&シニフィエを徹底的に追求する作業がこのコンテナハウスの仕事だったと言えるだろう。これは建築家一人では出来る事ではなく、クライアント自身にその気持ちがなければならない。というよりクライアントそのものの意思を引き出すお手伝いをするのが建築家の仕事なのだろうという気持ちを持った。

建築は使う人の意思によって大きく表情を変える。

日本では経験のないコンテナ型4階建ての仕事は「適合性判定」も受けなければならず、まして常識という点ではおおよそ通用しない「鉄の窓」から「採光」を取ってもいいのかなど、多くの事で悩み抜いた、工場も投げ出す寸前まで行きなかなかハラハラな仕事だった。

勿論「建築確認申請」も「完了検査」も受けクリアした「血統書付き建築物」です。

 

1f

2f

3f

4f

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

cars

exterior

roof

sundown

 

コンテナ型OFFICE

建築確認申請に通り、コンプライアンスを完全実施出来る躯体となって、最初の建築となったのがこの「パルシステム館山営業所」だ。パルシステムさんは「宅配型」の生協で、家庭の都合で宅配ではなく「品物を取りに来たい」方の為の「商品受け渡し場所」という機能と「事務所」及び生協として「子育て支援や料理教室などをおこなう為の施設だ。

基礎工事が終って、設置工事に取りかかり、その設置と内装工事は10日間で終了した。

c-104

初期の商品受け渡し入口。(このあと盛況で荷物を預かる場所が足りなくなり増築した)

子育て支援室に使われている空間。天井高さを確保するためコンテナ屋根がそのまま室内天井として使われ、大屋根を掛けているが大屋根下で断熱した。

 

c-105

多目的室とのパーティション壁画はこの為に描かれた(タイトル:ゆりかご)
全開放可能な壁となっています。

 

c-106

裏庭とコンテナ倉庫

 

c-102

c-101

c-107

断熱は外張り断熱工法とした。

 

c-103

 

料理教室などをおこなう多目的室

 

アルマーニ A|X project

狭小地にどうやって建てるかが最初のテーマだった

狭小地に建築物を建てる場合、工法によっては敷地境界ぎりぎりに建てる事は叶わない工法も多い。コンテナは作って持ってくるので、緊結部分の作業さえ出来れば何とかなる。

almani

このコンテナは普通の20FEETとか40FEETとかのサイズではなく「特注サイズ」だ。4.3Mの長さ完全に規格を逸脱している。しかしアルマーニは「コンテナビジュアル」にこだわっていた。しかもこのショップ最初から3ヶ月しか運営しない「POP UP店舗」の予定だった。

 

armani_004

 

「ニューヨークからコンテナに載って運ばれてきた商品がそのままコンテナで神宮前に運ばれて来た」がコンセプトだ。分かりやすい・・・・・。
アルマーニイクスチェンジは「イタリア」ブランドというよりは「ニューヨーク」ブランドだ。実際ニューヨークに本部がある。その本部も期待してくれていた。
ビジュアルにインパクトを付けるため「壁面」に屋根パネルを貼って「まるでコンテナを縦に建てているように見せた」のも結構うまく行った。これは作る際に「中国の工場では説明が難しかった(爆)」

特注サイズのコンテナが運ばれ、設置されてオープンまで10日間。あまりにも早いその工事期間に近隣の方から「心配されて」役所の建築課に通報が・・・・。立会い、きちんと建築確認申請を出し、地盤が緩いので「鋼管杭」も打ち、フラットスラブの基礎を打った上で設置し、中間検査も完了検査も受けた物件である事を説明し納得してもらいました。ただし、中間検査と完了検査の間は3日間程度だった事を覚えています。

1Fをまかされたのは「ラテアート世界チャンピオンの澤田氏」ストリーマカフェが1Fにオープンし、ポップアップ店舗は3ヶ月の営業の後、そのまま全体が「ストリーマーカフェ」となった。

この時の「縦に使った雰囲気」を継承し「本当に縦型コンテナ」を作ったのがA|X海の家projectだ。