コンテナハウス@TBS 赤坂サカス

TBSの局舎の前「赤坂サカス」では季節ごとにいろいろなイベントで賑わっています。その赤坂サカス広場に「コンテナを使ってイベントをやろうと考えている。」という相談が舞い込んできたのは2013年の3月頃でした。
今までも「プレファブ建築」を使ってイベントごとに建てては壊し、建てては壊し、の繰り返しだったらしいのですが 「もったいない」「予算が厳しい」との理由で使い回しが出来る方法はないものかと考えての相談でした。

ポイントは「2階などに増築出来るのか」、「組み替えは出来るのか」という点でした。2階はそれを想定したメンバー部材を使っていれば可能です。組み替えについては構造的なピンジョイントの部分での組み替えなら可能だし、もっと複雑な組み替えを希望するのなら、それなりのシステムにすればいい事でした。ただそのシステムは少々コストもかかるので躯体については素直な組み替えだけという事になりました。

ただし、「イベントによっては入口やガラス窓位置を変えたりしたい」という要望は残り、実は赤坂モデルは「建具がどの場所のものとでも入れ替えが出来る」という「建具入れ替え可能システム」として作られています。したがって建具は一つのモジュラー設計になっており、そう簡単ではないけれど、現在ガラス窓の部分が今度は「出入口」にしたりする事が可能です。全ての開口部についてそれが適用されています。その事によるコストアップは1000万を下らないでしょう。意味があったかどうかは私どもの判断する部分ではないですが、事実今度スケートリンクの冬バージョンでは「入口が全て反対側になる」という事ですから役には立っている訳です。

そんな訳で下記のような設計図書が作られました。勿論肝の所は分かる図面ではありません(笑)今回はこれらを20FEETで作り、11台をイベントに合わせて組み合わせるという事になりました。面倒なのはこれらを「仮設の許可申請」で申請するという事です。

世の中には間違った認識が蔓延っておりまして「仮設」で建てると簡単に建てられるかのように思われている風潮があります。でも建築基準法を守らなくていいという事ではないので「建築確認申請」はそれはそれでおこなわなければなりません。ダブルで申請です。とりあえず話をすると長くなるので「仮設」とはある種の規範に沿ってなければやらせてもらえないし、基準が甘くなる訳でもなく、申請はダブルで面倒になります。しかし、TBSの場合、事実イベントとしての「仮設」なのでそれを出さねばなりません。

asasaka_model

今回の赤坂サカスのコンテナは今までの「プレファブ」と雰囲気を変えたかったらしく、「ほぼ全面ガラス張り」が要件でした。当社のコンテナは「ラーメン構造」なのでそれが可能です。

そんな訳でやがてガラスの箱はでき現場に運ばれてきました。

002

003

010

012

028

030

036

038

akasaka_002

akasaka_003

コンテナ型プラント

「こんな事が出来るでしょうか?」

 

というお客様からの相談から広がった世界も多いのです。理論的には考えつくけれど、何処にそんなニーズが広がっているのか我々の知識や経験からだけでは引き出して来られない世界もある。そんな世界の一つとして、ある法人の「技術者」から相談の電話がありました。
「あるプラント」を工場でコンテナの中に組み込み、それをそのまま運び、「建築」として設置出来ますか?
「あー。そうですね。はい、基本的には出来ると思います」

 

そうやって、コンテナ型プラントProjectは始まった。

toshiba_001

 

今はアラブ首長国連邦に設置されています。
中身はちょっと語れません。

この実例は実は多くの応用編がある事を予感させます。
「設置した後は建築として認められるもの」である事を望まれる場合は当社のシステムが万全でしょう。人が概ね入る事のない場合「容器」という考え方があります。その場合「建築」ではないという考え方が適応されますので「建築基準法」が適用されません。その場合は少しコスト的には有利な作り方がありますのでご相談ください。
当社の場合、その場合でも「中古のコンテナ」を使う事はありません。管理された環境で「新造のISOコンテナ」でニーズにお応えします。

 

アルマーニ A|X project

狭小地にどうやって建てるかが最初のテーマだった

狭小地に建築物を建てる場合、工法によっては敷地境界ぎりぎりに建てる事は叶わない工法も多い。コンテナは作って持ってくるので、緊結部分の作業さえ出来れば何とかなる。

almani

このコンテナは普通の20FEETとか40FEETとかのサイズではなく「特注サイズ」だ。4.3Mの長さ完全に規格を逸脱している。しかしアルマーニは「コンテナビジュアル」にこだわっていた。しかもこのショップ最初から3ヶ月しか運営しない「POP UP店舗」の予定だった。

 

armani_004

 

「ニューヨークからコンテナに載って運ばれてきた商品がそのままコンテナで神宮前に運ばれて来た」がコンセプトだ。分かりやすい・・・・・。
アルマーニイクスチェンジは「イタリア」ブランドというよりは「ニューヨーク」ブランドだ。実際ニューヨークに本部がある。その本部も期待してくれていた。
ビジュアルにインパクトを付けるため「壁面」に屋根パネルを貼って「まるでコンテナを縦に建てているように見せた」のも結構うまく行った。これは作る際に「中国の工場では説明が難しかった(爆)」

特注サイズのコンテナが運ばれ、設置されてオープンまで10日間。あまりにも早いその工事期間に近隣の方から「心配されて」役所の建築課に通報が・・・・。立会い、きちんと建築確認申請を出し、地盤が緩いので「鋼管杭」も打ち、フラットスラブの基礎を打った上で設置し、中間検査も完了検査も受けた物件である事を説明し納得してもらいました。ただし、中間検査と完了検査の間は3日間程度だった事を覚えています。

1Fをまかされたのは「ラテアート世界チャンピオンの澤田氏」ストリーマカフェが1Fにオープンし、ポップアップ店舗は3ヶ月の営業の後、そのまま全体が「ストリーマーカフェ」となった。

この時の「縦に使った雰囲気」を継承し「本当に縦型コンテナ」を作ったのがA|X海の家projectだ。