コンテナハウスと宿泊施設 「リゾート的宿泊施設」

コンテナハウスとマッチングのいい業種の中に、「リゾート的宿泊施設」があります。

その理由の筆頭は外観やインテリアデザインの1.「非日常感」です。
次に考えられるのは
それらが設置される2.「敷地の場所」に対する「設置の容易さ」です。
建築物は50%以上が工場において組み立てられているので
現場での施工ウェイトが在来工法よりも少なくなります。
それゆえ建築職人の少ない「リゾート地」では施工性に関するアドヴァンテージが高くなるのです。
さらに「事業性のある施設」ゆえの3.「建設期間の短さ」なども挙げられます。
事業決定してから完成までが一般建築の工期よりも3ヶ月短いとすれば、売り上げは3ヶ月早くから立つのです
建築確認申請が始まる時点から工場での生産が可能である事、上記の施工性の容易さから総合的に工期は短くなります。

日本国が「観光立国」を目指す話は10年前からありましたが、にわかには信じられない話と思っていたのですが
現実に海外からの「観光客」は右肩上がりを続けていますね。

国民自体も、また地域を活性化しようとする行政や地域の方々も「観光」に力を入れ「地域文化」を
改めて掘り起こす試みや、地域の名産、特産、特色づくりに熱心になって来ています。
「とりあえず海外旅行」という雰囲気は消え、DISCOVER JAPAN的な旅行も増えているのは事実です。

宿泊業を営む方々からの「コンテナハウス」への関心は高まり、
コンテナハウスの現実の建設戸数は実際に増加し、その比率は高まっています。

ちなみにその他の注目ジャンルは
コンテナハウスのカフェ・飲食店
コンテナハウスの別荘
コンテナハウスのガレージハウス
コンテナハウスの美容室

などが注目度が高いですね。
しかし、美容室だけは実施件数が少ないのです。
思ったより建設コストがかかるということのようですが、
他の工法より高いということはないのですが、美容室は設備工事比率が高いので、
総合的にはなかなか建設費がかかります。
安心安全の建築物が圧倒的に安い工法などなかなか出てきそうにありませんですから、
どうしても必要なところは省くわけには行きません。
もし今後の時代で期待できるとしたら「3Dプリンター建築」に少し期待が出来るかも知れません(爆)

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_21

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2337

8422e986f6e9131a2c8bf716741ae76404f3dbb6.47.1.26.2

2992e9615c0c3f7579e913b45fa5e2fa256768e5.47.1.26.2

8b8bf5a17641100b652d33a59e12a5bc0af3247b.47.1.26.2

036fa3a19c86bb0b3234f653526a8ad8d39e264f.47.1.26.2

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_516c

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_569c

コンテナハウスのCAFE

container_cafe

そういえば、思い出してきた。
最初にコンテナを使って「何かを作ろう」と思ったきっかけは、ブーランジェリーカフェ(パンを焼いて出すCAFE)を作ろうと思ったのがきっかけだ。

スクラッチのブーランジェリーは(自家でこねて発酵させ焼いて出すパン屋)は実は機器の装備の設備投資が極めて大きい。当社はパン好きの人間が多いので、冷凍生地のパンを好まない。パンはスクラッチじゃないとどうもしっくり来ない。というか美味しくない。しかもハースブレッド系を好む。もっと言えば、パンとチーズとワインの取り合わせがたまらない。当社では「三大発酵トリオ」と呼んでいる。パンは発酵食品なのだよ。ベーキングパウダーで膨らませたものはパンではない。
そんなスクラッチのブーランジェリーの開業を手伝おうとしても、クライアントが準備出来る資金ではいつも不足がちだ。その少ない設備投資資金の中で、ブーランジェリーを立ち上げる方法を考えていて「コンテナハウス」を考えたのが、当社のコンテナハウスのスタートだった。

話がパンの方向へ突っ走ったが、そういう訳で「設備投資が大きい」ので、パン屋を立ち上げるにはかなりの資金が必要だ。概ね普通に勤めて10年経った所で借りられるだけ借りても開業は難しい。そこで徹底したローコスト開業を目指す為に「建築費を抑える」「機器は中古で我慢する」という事を考え、建築費をダウンさせる為の手段として「コンテナ」を選んだのだ。当時は中古コンテナを使い、改造で作った。  そんなスタートだった。

今では考える方向性が少々変わっているが「ローコストを目指す」という初心は変わらないが、中古コンテナのテキトー改造の品物と比較される対象だとは考えていないので、「思っている程安くはないかも知れません」と言っている。それでも木造並みの金額で「重量鉄骨」の建物が建てられ、かつ普通の建築が持ち合わせていない特徴を持っている。

そんな昔を思い出しながら、このCAFEは作った。しかも若い担当者3人で事業計画を作り、予算を決めてシミュレーションをはじき、建設に踏み切った。20FEET2本なのに4.5本分の面積を作り出したデザイン。しかも防火地域。面積は70平米程度なので「準耐火建築」で審査は通っている。両サイドがコンテナでその間を繋ぐスラブはそのままむき出しで「床」となっている。しかもコンセプトに「南の島」が入っているので一部は床素材が「砂」である。しかし、散らばっては困るので樹脂で固めた(爆笑)。

コナコーヒーとパンケーキを主力とするカフェである。若い人たちの夢がコンテナハウスで開花する事を願う。

コンテナハウスのカフェ(WEB開業コーチング100のつばさ)

コンテナハウス カフェ 費用

など合わせてお読みください。
開業ノウハウを「コーチング形式」で連載しています。

その他物件の写真

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_132b

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1315

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5678

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5668

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2454

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5666

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2452

0703092

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_21

0118e2c5be2f6c72fcd084e0abf808de84873bf5.47.1.26.2

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_56b3

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4d58

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_56dd

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_18d

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5152

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_40ac

IMG_0207

IMG_0949

 

料理は建築だ。そしてコンテナハウス。

inloco

 

料理という世界は実は建築の世界に似ている。

根幹を形成する「基礎」があり、料理の世界ではそれは「出汁」であり、基礎の上に構築されて行く構造物は、料理でいえばその料理を構成する素材のストラクチャーだ。デザイン的な処理は、料理でいえば見目麗しいビジュアルである。

話は少々ずれるが、
この写真の野菜達は実は「コンテナの中で栽培される」=「コンテナ型野菜工場」で作られる野菜達である。クリーンルームで育てられた「きれい野菜」たちだ。洗わなくても心配するには及ばない。

台風が来ても、冷夏でも、猛暑でも、厳冬でも生産効率は落ちず、安定供給が出来る。
もうすぐデビューさせる「コンテナ型野菜工場」は、既に生産のノウハウを固め、安定供給をし、市場に出回らせているある企業が行う。私どもはそのコンテナを、また新たな構造方式(ハイブリッド構造体)で作り上げる。

もうすぐ発表、新たなコンテナハウスの世界。このコンテナハウスはコストへの挑戦でもある。ただし「4号建築専用躯体」、ちょっとみそっかすの小建築用だ。

iceplant

栽培されたアイスプラント。シャキシャキ感がとてもいい。ちょっと塩味がある不思議な野菜。