太陽と雨で生き延びる(災害対応住宅)

「パーフェクトサバイバルコテージ」=オフグリッドハウスです。
(もちろんパッケージディールタイプです)
構想ではありません。構想は確かに10年、実際に作ってみます。
珍しく、完全にノーマルサイズの20FEETを使います。
原点回帰というところでしょうか。
原点には原点の「汎用性」があるのです。
生き続ける居住ユニット(日常使いしながらね)

emargency_housing_003-1024x724

本日の絵は「完全NORMAL_20FEET(背も低いタイプ)」を使った「サバイバルコテージ」です。絵空事ではなく、なんと60kWまでの蓄電システムを搭載可能ですから、雨が降り続いても20日間程度は電気は無くなりません。太陽が戻ればバッテリーは蓄電を増やし続けます。情報インフラからも外れる事なく生きていけるのです。

(一般的に流通している蓄電システムは3kW程度。1日でオワリです。その20倍の蓄電能力まで可能です)

完全NORMAL_20FEET_CONTAINERという事は4TONワイド&ロングボデートラックで運べるという事ですから、輸送手段につきまして、汎用性のある寸法ということです。いざという時どこにでも運べるようにしておきましょう。雨水は浄水システムを使いますが、飲用には使いませんが、生活用水には「雨水」を使います。昨年は「災害の年」でしたが、この災害度合いは年々高まっているように感じるのは皆さんもそうでしょう。気温上昇と共に世界の気候変動が起き始めた結果という事はもう明らかです。

災害に備える事もとても重要な時代になりましたし、行政の「避難所」に頼れないafter_corona時代という背景もあります。この計画には非常に優秀な次世代型高偏差値バッテリーシステムが使われています。実際に初号機が出来上がりましたら報告いたしましょう。

ハイブリッド20FEETX2_ハイマウント_プール付_パッケージディール方式

ハイマウント型の20FEETX2_PD型VILLA
掲載分は「宿泊施設向けだが、住宅バージョンも可能。
ハイマウントとは「基礎が高床式」になっている。
地表の湿度から解放される。湿度の高い高原や、南の島など、また「高潮」や「津波」の被害が考えられる所などに向いている平屋だ。
プールのある生活を実現する画期的プラン。
プールの水は最新の「浄化装置」で浄化されるため
給水にはそれほど水は使わない。

3000万からの設定

金額に入っていないものは
デッキはオプション
消費税
1.基礎は地盤によって変わる
2.上下水道の状況
3.電気・ガスなどのインフラストラクチャ
4.お運びする場所
5.建築時の監理費(出張のあるなし)
などの変化要素は価格に含まれておりませんので、詳細はお尋ねください。

 

f7ddb2d8b0802831d9176255c687b1e0-940x582-1

93140143_2918746838205265_1118308758305374208_o 93369861_2918746751538607_3968891330188279808_o 93516549_2918746708205278_5234137538234417152_o 93569786_2918746911538591_8573138435194224640_o 93782788_2918746734871942_7215418720816988160_o 94023938_2918746741538608_693557138638766080_o 94143673_2918746801538602_7452611274740858880_o 94143679_2918746858205263_4314508967700070400_o 94488494_2918746848205264_6749364891745779712_o

パッケージディール完全解説

cropped-0016

archimetal.jpが20年の研究の末、発表した「パッケージディール」の解説です。

コンテナハウスはコンテナのサイズで作られた「建築用躯体」の「モジュール」を組み合わせて建設する建築物です。
その目的は色々ありますが
1.早い工期で目的の建築物を完成させる。
2.移設にも耐えられるサスティナブルなシステム。
3.比較的廉価なコストで作られる建築物(中古コンテナの改造のようなコストというわけにないきませんが)
4.ロジスティカルな建築の特徴を活かして、最小の輸送コストで作り上げる。
5.離島建築にも、一般建築にも活かせる特徴。
6.構造体のデザインを活かした、独特なビジュアル。
7.コンテナの組み合わせで出来た驚きの演出。
8.そのロジスティクス性が広げる様々な用途
などがその主な特徴です。

「パッケージディール」はそれらの特徴をコストや工期、などに最高のマッチングとソリューションをもたらす概念です。
A.最小のコンテナ躯体数で、最大の床面積を作り出すハイブリッド構造方式
コンテナモジュールと在来工法の鉄骨造を組み合わせ、最大のコストパフォーマンスを引き出します。
例えば20FEETコンテナ1台では13.5㎡ほどの床面積
それを普通に2台組み合わせると28㎡程度の床面積となりますが
ハイブリッド方式は同じ2台で60㎡の床面積を作り出します。つまり2.2倍ほどの面積に拡張出来るのです。
そしてその時に生み出せる特徴は面積だけではなく、寸法的自由度も獲得出来るのです。

それに加えて「パッケージディール」方式では、使うコンテナの中に「在来工法の鋼材」も全て格納して運ぶために
別途、輸送用のトラックなどを準備する必要がなく
最小の輸送費、つまり20FEETX2台を運ぶ輸送費と同じコストで
2.2倍ほどの床面積分のパーツを同時に運ぶことができるのです。
それらのパーツは「プレファブリケーション」されているので、現場ではプラモデルのように組み立てられ
工期も同時に短縮してしまうのです。

この画期的方法の基準プランを現在多数開発中です。
プランのバリエーションについてはトップメニューの「カタログ」メニューをご覧ください。
基本モデルからの寸法的自由度もあるので
イージーオーダー的感覚で、設計経費も抑えることができるようになって行きます。
写真は「パッケージディール_プロジェクト」第一号の建設中写真です。
完成しましたらまた完成写真を掲載いたします。

設計監理:archimetal.jp

IMG_8113

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5972

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5a23

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5a2e