太陽と雨で生き延びる(災害対応住宅)

「パーフェクトサバイバルコテージ」=オフグリッドハウスです。
(もちろんパッケージディールタイプです)
構想ではありません。構想は確かに10年、実際に作ってみます。
珍しく、完全にノーマルサイズの20FEETを使います。
原点回帰というところでしょうか。
原点には原点の「汎用性」があるのです。
生き続ける居住ユニット(日常使いしながらね)

emargency_housing_003-1024x724

本日の絵は「完全NORMAL_20FEET(背も低いタイプ)」を使った「サバイバルコテージ」です。絵空事ではなく、なんと60kWまでの蓄電システムを搭載可能ですから、雨が降り続いても20日間程度は電気は無くなりません。太陽が戻ればバッテリーは蓄電を増やし続けます。情報インフラからも外れる事なく生きていけるのです。

(一般的に流通している蓄電システムは3kW程度。1日でオワリです。その20倍の蓄電能力まで可能です)

完全NORMAL_20FEET_CONTAINERという事は4TONワイド&ロングボデートラックで運べるという事ですから、輸送手段につきまして、汎用性のある寸法ということです。いざという時どこにでも運べるようにしておきましょう。雨水は浄水システムを使いますが、飲用には使いませんが、生活用水には「雨水」を使います。昨年は「災害の年」でしたが、この災害度合いは年々高まっているように感じるのは皆さんもそうでしょう。気温上昇と共に世界の気候変動が起き始めた結果という事はもう明らかです。

災害に備える事もとても重要な時代になりましたし、行政の「避難所」に頼れないafter_corona時代という背景もあります。この計画には非常に優秀な次世代型高偏差値バッテリーシステムが使われています。実際に初号機が出来上がりましたら報告いたしましょう。

ハイブリッド20FEETX2_ハイマウント_プール付_パッケージディール方式

ハイマウント型の20FEETX2_PD型VILLA
掲載分は「宿泊施設向けだが、住宅バージョンも可能。
ハイマウントとは「基礎が高床式」になっている。
地表の湿度から解放される。湿度の高い高原や、南の島など、また「高潮」や「津波」の被害が考えられる所などに向いている平屋だ。
プールのある生活を実現する画期的プラン。
プールの水は最新の「浄化装置」で浄化されるため
給水にはそれほど水は使わない。

3000万からの設定

金額に入っていないものは
デッキはオプション
消費税
1.基礎は地盤によって変わる
2.上下水道の状況
3.電気・ガスなどのインフラストラクチャ
4.お運びする場所
5.建築時の監理費(出張のあるなし)
などの変化要素は価格に含まれておりませんので、詳細はお尋ねください。

 

f7ddb2d8b0802831d9176255c687b1e0-940x582-1

93140143_2918746838205265_1118308758305374208_o 93369861_2918746751538607_3968891330188279808_o 93516549_2918746708205278_5234137538234417152_o 93569786_2918746911538591_8573138435194224640_o 93782788_2918746734871942_7215418720816988160_o 94023938_2918746741538608_693557138638766080_o 94143673_2918746801538602_7452611274740858880_o 94143679_2918746858205263_4314508967700070400_o 94488494_2918746848205264_6749364891745779712_o

「LAY_DOWN」型(横倒しプロポーション)_連棟型居住施設

コンテナハウスの場合方向性が二つあって
1.リーズナブルな企画を期待されるケース
2.予算がどうこう言うより「その辺にないビジュアルと機能性の新たなイメージの建築」。
という二つの方向だ。
これは「リーズナブルな宿泊施設計画」。
最近掲載している「LAY_DOWN」型(横倒しプロポーション)。さらにVILLAでもなく「練棟型」で、究極に建築費を抑えている。
アフターコロナの旅行業界向け新商品。
実はかっこいい。
94259391_2921853844561231_784830381999259648_o
平面図は2棟分の表現です。
最低5棟くらいいきたいですね。
93880099_2921426341270648_5702108988598910976_o

横倒しプロポーションの20FEETX1台単独居住ユニット

いま、20FEETハイキューブの「横倒しプロポーション」の単独タイプにはまっています。
色々描きました。やっぱ、高基礎系が似合います。
「これは使える」というわけですが、天井高さを2150mmだと聞いて、みなさん尻込みします(爆)
それを回避する方法は、コンテナの達人としてはありますが、それをやっちゃうと「ローコスト」の特徴が薄らぎます。
これはこれでいいんじゃ。(きっぱり)
潔く行こうではないか、それにすでに前例はRAKUTEN VILLAで作って、もう実証済み、気がつかない方もいるくらいだ(爆)。
用途は
1.ちょっとした別荘
2.ホビールーム
3.災害時避難住宅
4.ローコスト宿泊施設_VILLA_version
5.1から2名の居住用住宅
93652935_2923674741045808_1725810239984369664_o
93771712_2923674711045811_480703945337995264_o
デッキを作ることによって居住性は格段向上する。
宿泊施設の場合は格段に格が上がる。
93979266_2923680621045220_5586547945697705984_o
93979271_2923674687712480_4714899966655463424_o
94138757_2923674721045810_718057496110956544_o

タイニーハウス コンテナハウスの小さな家

タイニーな小住宅のPLAN集です。
コスト的にはコンテナハウスは「2階屋」よりも「平屋」の方ががコストパフォーマンスが高いです。
それゆえ、コストだけで言えば、都心部よりも郊外の土地値が安いところの方に向いています。
宿泊系なら「リゾート系」のやはり土地値が安い所が向いていると言えます。

構造形式としては「重量鉄骨」になるので、2階屋はそれなりの基礎が要求される事や、
設計の経費についても木造と違って2階屋になったら普通に「構造計算」が必要なので
設計経費が2倍くらいになる事と、
十分な「強度」にするために「鋼材」の量も増えるためです。

また、当然「建て方」の工数も増え、難易度も増えるためです。
2階にするのが「難しい」というわけではなく、色々と手間や鋼材が増えるためという結果なので
必要な時は2階でも3階でも可能です。

 

この図面は20FEETコンテナを3本使った、1階は生活空間、2階は寝室とデッキという構成です。
延床面積は41㎡程度+デッキ13.5㎡
小規模の場合「階段に取られる面積」によって床面積効率は多少落ちます。

niseko_4

 

このプランは同じく2階建で20FEETコンテナは本を使っています。
コンテナとコンテナの間を開ける「ハイブリッド工法」で開けたところに「階段」を配し
その空間は「吹き抜け」として、空間のボリューム感を出しています。
1F40㎡+2F13.5㎡=53.3㎡

niseko

 

 

こちらは「平屋」ですが
コンテナは20FEETX2本のみで、1本減ったにも関わらず、延床面積は46.5㎡と面積効率は大きくなり、コストも下がります。
個室も取れるので、LIVINGのベッドを無くしてリビングルームが大きな「住宅」向けに作ることも可能です。

niseko_3

 

上記と同じ躯体ですが、設備系の配置を変えるとこのようなプランの構成も可能です。
比較的上記よりはリビングの中に「ベッドコーナー」を持った「宿泊系」に向いているかも知れません。

niseko2

 

コンテナ型ホテル またはタコ部屋(爆笑)いや、結構いい部屋です。

ホテル、集合住宅型、またはテラスハウス型コンテナハウスの企画です。

「連棟型リーズナブルホテル」などに最適です。

images-1    images-2

タコ

1戸あたりに20FEETコンテナを1台使います。
ただの1台ですと、ちょっと手狭なのですが、この企画は違います。

コンテナ同士を在来工法で繋ぐ「ハイブリッド工法」で、部屋面積を拡大し、ILDK的なプランにしているのです。
一部屋20㎡越えなので、1人や2人の部屋としては十分な面積を確保し、
輸送時はコンテナの中にその拡張部材を同梱して運びますので、輸送費は最小にしています。(宮古島などの離島に最適)

リーズナブル価格帯のホテルを作りたい
宮古島などで「会社で借り上げたい。」
管理職やスタッフの寮的に使いたい。
普通に賃貸住宅として建てたい。というニーズに、素直に答えられます。

ずっと使える。ずっと喜ばれる宿泊施設じゃないと安心出来ません。

images

 

コンテナハウスの宿泊施設

離島では最大に、離島でなくてもリゾートで極めつき、リゾートでなくても効率高し。コンテナハウス_ハイブリッド工法+イクステンション工法のパッケージディール型建築方法

コンテナで運べば怖くない。離島に最適とうたっているコンテナハウスは多いが、それじゃまだまだ甘い。
コンテナハウスは沖縄の離島、石垣島、宮古島、久米島などに運べば確かに工期も早く、
現地工事の職人比率が低いので確かに人手不足、資材高騰の離島にいいように聞こえるが、
コンテナの「回航費用」は国内航路はなかなか高額なので、一般建築よりは全然ましなのだが、実はまだ絞る方法があるのです。

特に「宮古島」や「石垣島」では宿泊施設のニーズが高く
結構な頻度で問い合わせをいただいています。

かなり広報していますが
当社の「パッケージディール方式」の「ハイブリッド工法」であれば
コンテナ4.5台分の面積の居室を、コンテナ2台で実現し
その自らのコンテナの中に全ての鋼材を同梱して運び、現地で4.5台分の居室を組み立てていく。

輸送費は半分以下になり、面積は2倍以上
価格も4.5台の価格よりかなり低くなる。
しかも「亜鉛メッキ躯体」の重耐塩仕様。
島の気候や塩害にも強いという理想的パッケージです。

villa

 

20FEETX2_1LDK_PD_model_Ver_2._A3-940x658

積み木のようなコンテナハウス 宿泊施設

那須ハイランドパークの積み木ハウスです

コンテナだけのコンポジションでは作れない、綺麗な積み木。
仲を取り持つように「黒」のハイブリッドが全てをつなぎ、
縦型コンテナがその面白さを決定づける。

薪ストーブも設置されて「高原の宿泊施設」のイメージをアクセレートします。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_72a1

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_72a2

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_72b9

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6086

FOzTiAu7RQiBDDRQLR%pUg_thumb_6061

 

縦型のコンテナは5Mを超える天井の「温泉風呂」で、まるで「露天風呂」のような気分で風呂に入れます。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6000

squV7jfMQl2Y2HGPQ41N5A_thumb_6055

ありえないコンテナハウス 斜めバージョン

ありえないコンテナハウス 斜めバージョン

ありえないにも程がある。というくらいインパクトのある斜めコンテナ宿泊施設。
流石に床は斜めでは大変なので、斜めに上がっていく吹き抜けとしてデザインされている。
トップの部分はハイサイドライトになっている。
実はこの斜めの角度は地球の地軸の傾きに合わせられている事と
この斜めコンテナはきっちり「北」を向いているので
室内を真っ暗にし、快晴の冬にはその軸の上に立つと
北極星に向かってそびえている。(まだ北極星を見たことはないが)

原色が躯体に使われているのは
那須ハイランドパークのお隣の同じ経営者の経営なので
「那須ハイランドパークの記憶」がこの別荘地にも入り込んだというコンセプト設定になっています。

意外と大きな宿泊施設です。
100㎡弱あります。

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_72a8

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_72a7

IMG_0949

IMG_0948

IMG_0947

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_600a