太陽と雨で生き延びる(災害対応住宅)

「パーフェクトサバイバルコテージ」=オフグリッドハウスです。
(もちろんパッケージディールタイプです)
構想ではありません。構想は確かに10年、実際に作ってみます。
珍しく、完全にノーマルサイズの20FEETを使います。
原点回帰というところでしょうか。
原点には原点の「汎用性」があるのです。
生き続ける居住ユニット(日常使いしながらね)

emargency_housing_003-1024x724

本日の絵は「完全NORMAL_20FEET(背も低いタイプ)」を使った「サバイバルコテージ」です。絵空事ではなく、なんと60kWまでの蓄電システムを搭載可能ですから、雨が降り続いても20日間程度は電気は無くなりません。太陽が戻ればバッテリーは蓄電を増やし続けます。情報インフラからも外れる事なく生きていけるのです。

(一般的に流通している蓄電システムは3kW程度。1日でオワリです。その20倍の蓄電能力まで可能です)

完全NORMAL_20FEET_CONTAINERという事は4TONワイド&ロングボデートラックで運べるという事ですから、輸送手段につきまして、汎用性のある寸法ということです。いざという時どこにでも運べるようにしておきましょう。雨水は浄水システムを使いますが、飲用には使いませんが、生活用水には「雨水」を使います。昨年は「災害の年」でしたが、この災害度合いは年々高まっているように感じるのは皆さんもそうでしょう。気温上昇と共に世界の気候変動が起き始めた結果という事はもう明らかです。

災害に備える事もとても重要な時代になりましたし、行政の「避難所」に頼れないafter_corona時代という背景もあります。この計画には非常に優秀な次世代型高偏差値バッテリーシステムが使われています。実際に初号機が出来上がりましたら報告いたしましょう。

ハイブリッド20FEETX2_ハイマウント_プール付_パッケージディール方式

ハイマウント型の20FEETX2_PD型VILLA
掲載分は「宿泊施設向けだが、住宅バージョンも可能。
ハイマウントとは「基礎が高床式」になっている。
地表の湿度から解放される。湿度の高い高原や、南の島など、また「高潮」や「津波」の被害が考えられる所などに向いている平屋だ。
プールのある生活を実現する画期的プラン。
プールの水は最新の「浄化装置」で浄化されるため
給水にはそれほど水は使わない。

3000万からの設定

金額に入っていないものは
デッキはオプション
消費税
1.基礎は地盤によって変わる
2.上下水道の状況
3.電気・ガスなどのインフラストラクチャ
4.お運びする場所
5.建築時の監理費(出張のあるなし)
などの変化要素は価格に含まれておりませんので、詳細はお尋ねください。

 

f7ddb2d8b0802831d9176255c687b1e0-940x582-1

93140143_2918746838205265_1118308758305374208_o 93369861_2918746751538607_3968891330188279808_o 93516549_2918746708205278_5234137538234417152_o 93569786_2918746911538591_8573138435194224640_o 93782788_2918746734871942_7215418720816988160_o 94023938_2918746741538608_693557138638766080_o 94143673_2918746801538602_7452611274740858880_o 94143679_2918746858205263_4314508967700070400_o 94488494_2918746848205264_6749364891745779712_o

「LAY_DOWN」型(横倒しプロポーション)_連棟型居住施設

コンテナハウスの場合方向性が二つあって
1.リーズナブルな企画を期待されるケース
2.予算がどうこう言うより「その辺にないビジュアルと機能性の新たなイメージの建築」。
という二つの方向だ。
これは「リーズナブルな宿泊施設計画」。
最近掲載している「LAY_DOWN」型(横倒しプロポーション)。さらにVILLAでもなく「練棟型」で、究極に建築費を抑えている。
アフターコロナの旅行業界向け新商品。
実はかっこいい。
94259391_2921853844561231_784830381999259648_o
平面図は2棟分の表現です。
最低5棟くらいいきたいですね。
93880099_2921426341270648_5702108988598910976_o

横倒しプロポーションの20FEETX1台単独居住ユニット

いま、20FEETハイキューブの「横倒しプロポーション」の単独タイプにはまっています。
色々描きました。やっぱ、高基礎系が似合います。
「これは使える」というわけですが、天井高さを2150mmだと聞いて、みなさん尻込みします(爆)
それを回避する方法は、コンテナの達人としてはありますが、それをやっちゃうと「ローコスト」の特徴が薄らぎます。
これはこれでいいんじゃ。(きっぱり)
潔く行こうではないか、それにすでに前例はRAKUTEN VILLAで作って、もう実証済み、気がつかない方もいるくらいだ(爆)。
用途は
1.ちょっとした別荘
2.ホビールーム
3.災害時避難住宅
4.ローコスト宿泊施設_VILLA_version
5.1から2名の居住用住宅
93652935_2923674741045808_1725810239984369664_o
93771712_2923674711045811_480703945337995264_o
デッキを作ることによって居住性は格段向上する。
宿泊施設の場合は格段に格が上がる。
93979266_2923680621045220_5586547945697705984_o
93979271_2923674687712480_4714899966655463424_o
94138757_2923674721045810_718057496110956544_o

タイニーハウス コンテナハウスの小さな家

タイニーな小住宅のPLAN集です。
コスト的にはコンテナハウスは「2階屋」よりも「平屋」の方ががコストパフォーマンスが高いです。
それゆえ、コストだけで言えば、都心部よりも郊外の土地値が安いところの方に向いています。
宿泊系なら「リゾート系」のやはり土地値が安い所が向いていると言えます。

構造形式としては「重量鉄骨」になるので、2階屋はそれなりの基礎が要求される事や、
設計の経費についても木造と違って2階屋になったら普通に「構造計算」が必要なので
設計経費が2倍くらいになる事と、
十分な「強度」にするために「鋼材」の量も増えるためです。

また、当然「建て方」の工数も増え、難易度も増えるためです。
2階にするのが「難しい」というわけではなく、色々と手間や鋼材が増えるためという結果なので
必要な時は2階でも3階でも可能です。

 

この図面は20FEETコンテナを3本使った、1階は生活空間、2階は寝室とデッキという構成です。
延床面積は41㎡程度+デッキ13.5㎡
小規模の場合「階段に取られる面積」によって床面積効率は多少落ちます。

niseko_4

 

このプランは同じく2階建で20FEETコンテナは本を使っています。
コンテナとコンテナの間を開ける「ハイブリッド工法」で開けたところに「階段」を配し
その空間は「吹き抜け」として、空間のボリューム感を出しています。
1F40㎡+2F13.5㎡=53.3㎡

niseko

 

 

こちらは「平屋」ですが
コンテナは20FEETX2本のみで、1本減ったにも関わらず、延床面積は46.5㎡と面積効率は大きくなり、コストも下がります。
個室も取れるので、LIVINGのベッドを無くしてリビングルームが大きな「住宅」向けに作ることも可能です。

niseko_3

 

上記と同じ躯体ですが、設備系の配置を変えるとこのようなプランの構成も可能です。
比較的上記よりはリビングの中に「ベッドコーナー」を持った「宿泊系」に向いているかも知れません。

niseko2

 

コンテナガレージを作る | 004_賃貸のガレージハウス(コンテナ_ハイブリッド工法)

「熱狂的な支持者」:エンスージアスト(enthusiast)に送る、「賃貸物件投資用_ガレージハウス」デザイナーズハウス。そんな物件を待ってる方も多いと思います。

この企画は実は「20FEET_コンテナ1台で40.64㎡」を叩き出している。
20FEET_container1台は約13.5㎡です。
つまり1台できっちり3台分の面積を確保しています。
1台分の金額では出来ませんが、3台使用時よりもかなりリーズナブルです。
まあ本土で600万/戸くらいでしょうか。(最小単位3戸:最終戸は55㎡で1000万:つまり合計2400万)
(基礎・インフラ・現調しないとわからない事は未参入、現地への輸送費除く)

そのマジックは(防火処理はしなければならないものの)界壁を共用している事もあるし、それによってハイブリッドが可能になっています。
「LIVINGが車庫」(爆)。もちろん車入れなくても成り立つプランですが、ここではガレージという事で。

クルマのエンスーたちはそのくらいクルマを愛してらっしゃいます。

 
garage_house

 

 

507f54daa4d90d8fb4d811b7720cb03db583e6e4

 

開発コードネーム_HB_019

あるプロジェクトでプランを21種作った。
その中で19番目と21番目が採用。実際に建設された。

20FEETが1本、20FEETが2本、そのうち1本が縦型。

40FEETと20FEETを勾配屋根のハイブリッドで繋ぐ。
アンド、少し飛び出させて、コンポジション感を出す。
という組み合わせである。

結構イケている(爆)

PLANと矩計

 

image16

image15

image14

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_72a1

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_72a2

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_72b9

IMG_0981

IMG_0959

IMG_0958

IMG_0957

IMG_0956

IMG_0878

 

コンテナの宿泊施設 今イチオシの企画

コテージ型VILLAとして今イチオシなのがこの20FEETX2台で作る、
ハイブリッド型&パッケージディール方式の瀟洒なVILLAです。
実作は少しデッキの付け方が異なるが、別荘バージョンもあります。

この企画図面は切り詰める所は切り詰め、ギリギリまで建設費を落とした。
これにプールを付帯させたものも作れます。
それを付ければ怖いもの無しの最強VILLAでかつプール付きにしては圧倒的にリーズナブルだ。

南の島向けには「高床式」にして、
生物多様性の世界から宿泊者をディフェンシブに守るバージョンもある(爆)
南の島は「アリ」や「蛾・ヤモリ」おまけに「G」が沢山。それらから守ります。
しかも「パッケージディール型」なので離島向けの商品でもあります。

今、どこに頼んでも1年先ならと言われる「宮古島」などでどうでしょうか。
20棟くらいまでならすぐ作りますよ。

20FEETX2_1LDK_PD_model_Ver_2._A3

 

少し変形バージョン。
こちらの方が「宿泊施設向け」少しデッキの親密性が高く、室内面積が少し減るので、コスト下がります。
ま、そんな感んじのバリエーション違いは作れます。
多くの研究結果から出て来たコストパフォーマンス性の高いプランです。

この作りが「ハイブリッド工法」の現在ある最高のコスパ仕事です。

villa

コンテナハウス 別荘 「The world of INTERIORS」掲載作品(古宇利島のTHE_CONTAINER)

世界的に有名な英国の建築雑誌「The world of INTERIORS」にも掲載された「世界的物件」(爆)
テレビ取材も、本土から撮影隊が来て何回もありました。

沖縄県の「古宇利島の4階建コンテナハウス」_「INN_STUDIO」

構想3年、施工 1年。
設計監理:archimetal.jp   アートディレクター:argonauts_古賀(オーナー自身)
コンテナハウスの世界では「構造における、適合性判定を受け、それをクリアした最初で最後の物件」じゃないかな。

コンテナはもちろん全て超オリジナル構造体で
いくつものコンテナ工場に「難しい」「めんどくさい」(爆)と断られ
最後は株式会社デベロップの青島工場にて製作してもらいました。

というわけで、色々なWEBに掲載されていますが、
archimetal.jpとオーナー本人の古宇利島の狂人(古賀氏)とデベロップだけが関係者で
他に掲載している会社はなんの関係もありません(爆)
お尋ねになっても何も説明出来ません(爆)
何かあればわたくしどもにお尋ねください。

「住宅」として作られました。
現在は「住宅兼CAFE」として営業なさっています。(CAFEとしては気まぐれ営業なので確認してね)
横に平屋のISOコンテナの倉庫がありますがこの部分は「4号建築」という事で確認を受けています。

フォトジェニックな写真が撮れるCAFE として訪れた方々は「一体なんなのアレ」という圧倒的感想を持たれます。

https://www.google.com/maps/place/INN+STUDIO+%2F+INN+CAFE/@26.7097409,128.0087346,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x34e458488f22b231:0x79d4a69de3ac6f98!8m2!3d26.7097409!4d128.0109233

その評価はすごいです。
実際みなさんインスタ映えする写真を撮りまくっています。
別荘的な作り、全てが常識はずれ、ものすごいコレクション、おもちゃ箱、びっくり箱。

下の写真は建築雑誌「The world of INTERIORS」にも掲載されたページ。結構10ページにわたる掲載でした。

YjzJU7wUQRCugRPF9qs7KA_thumb_5a54

 

ここから photo by argonauts

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5666

 

010

007

001

009

008

006

005

004

003

002

010

009

008

007

006

005

004

003

002

001