太陽と雨で生き延びる(災害対応住宅)

「パーフェクトサバイバルコテージ」=オフグリッドハウスです。
(もちろんパッケージディールタイプです)
構想ではありません。構想は確かに10年、実際に作ってみます。
珍しく、完全にノーマルサイズの20FEETを使います。
原点回帰というところでしょうか。
原点には原点の「汎用性」があるのです。
生き続ける居住ユニット(日常使いしながらね)

emargency_housing_003-1024x724

本日の絵は「完全NORMAL_20FEET(背も低いタイプ)」を使った「サバイバルコテージ」です。絵空事ではなく、なんと60kWまでの蓄電システムを搭載可能ですから、雨が降り続いても20日間程度は電気は無くなりません。太陽が戻ればバッテリーは蓄電を増やし続けます。情報インフラからも外れる事なく生きていけるのです。

(一般的に流通している蓄電システムは3kW程度。1日でオワリです。その20倍の蓄電能力まで可能です)

完全NORMAL_20FEET_CONTAINERという事は4TONワイド&ロングボデートラックで運べるという事ですから、輸送手段につきまして、汎用性のある寸法ということです。いざという時どこにでも運べるようにしておきましょう。雨水は浄水システムを使いますが、飲用には使いませんが、生活用水には「雨水」を使います。昨年は「災害の年」でしたが、この災害度合いは年々高まっているように感じるのは皆さんもそうでしょう。気温上昇と共に世界の気候変動が起き始めた結果という事はもう明らかです。

災害に備える事もとても重要な時代になりましたし、行政の「避難所」に頼れないafter_corona時代という背景もあります。この計画には非常に優秀な次世代型高偏差値バッテリーシステムが使われています。実際に初号機が出来上がりましたら報告いたしましょう。

「LAY_DOWN」型(横倒しプロポーション)_連棟型居住施設

コンテナハウスの場合方向性が二つあって
1.リーズナブルな企画を期待されるケース
2.予算がどうこう言うより「その辺にないビジュアルと機能性の新たなイメージの建築」。
という二つの方向だ。
これは「リーズナブルな宿泊施設計画」。
最近掲載している「LAY_DOWN」型(横倒しプロポーション)。さらにVILLAでもなく「練棟型」で、究極に建築費を抑えている。
アフターコロナの旅行業界向け新商品。
実はかっこいい。
94259391_2921853844561231_784830381999259648_o
平面図は2棟分の表現です。
最低5棟くらいいきたいですね。
93880099_2921426341270648_5702108988598910976_o

横倒しプロポーションの20FEETX1台単独居住ユニット

いま、20FEETハイキューブの「横倒しプロポーション」の単独タイプにはまっています。
色々描きました。やっぱ、高基礎系が似合います。
「これは使える」というわけですが、天井高さを2150mmだと聞いて、みなさん尻込みします(爆)
それを回避する方法は、コンテナの達人としてはありますが、それをやっちゃうと「ローコスト」の特徴が薄らぎます。
これはこれでいいんじゃ。(きっぱり)
潔く行こうではないか、それにすでに前例はRAKUTEN VILLAで作って、もう実証済み、気がつかない方もいるくらいだ(爆)。
用途は
1.ちょっとした別荘
2.ホビールーム
3.災害時避難住宅
4.ローコスト宿泊施設_VILLA_version
5.1から2名の居住用住宅
93652935_2923674741045808_1725810239984369664_o
93771712_2923674711045811_480703945337995264_o
デッキを作ることによって居住性は格段向上する。
宿泊施設の場合は格段に格が上がる。
93979266_2923680621045220_5586547945697705984_o
93979271_2923674687712480_4714899966655463424_o
94138757_2923674721045810_718057496110956544_o

コンテナでタイニーハウスを作る(20FEETX2台)33〜60㎡のコンテナハイブリッド住宅キット・セルフビルド

(20FEETX2台)33〜60㎡のコンテナ住宅キットは「ハイブリッド工法」のセルフビルドキットになります。
少々建設難易度が上がってしまいますが、価格の割に比較的大きな延床面積となり、リーズナブルではあります。

屋根掛けも発生しますので、建て方(構造を組み立てる事)と屋根掛けまでは当社で行い、
その他、設備工事・電気工事。内装工事など(詳しくは下に記述)はセルフビルドで行うという事も出来ます。
その方法がおすすめです。

完成すれば最大で60㎡超の2LDK程度の2から3人家族向けタイニーハウスが1000万円を切る価格で完成します。

工事種別としては下記のような工事項目があります。

基本的な考え方は

赤文字表記部分は当社でいたします
青文字表記部分はセルフビルドです(お知り合いの業者様などへの依頼などもOKです)
お知り合いの業者様にもお願い出来るように「設計図書」はお渡しします。
上記のように区分けしておりますがご相談は可能です。

1.準備工事・共通仮設工事(敷地の整備や工事に必要なものの準備:水・電気など)

2.基礎工事 コンクリート工事(基礎工事は地盤にもよりますが、比較的簡単な「独立基礎」でいけると思います)

4.鉄骨工事・製作管理 コンテナ輸送・輸出・輸入・現場への搬入 コンテナ建て方工事(基礎が出来たら運び込んで設置し雨水の止水工事までやります)

5.ハイブリッド組み立て工場

6.屋根掛け工事

7.建築金属工事(屋根・防水工事)ここまで当社で工事しておかないと雨が降ったら大変。

8.内装工事・造作工事(基本の断熱と内装下地は付いてきます。内装ボード、間仕切りや、連結部の造作工事などをお願いします)

9.内装仕上げ工事(床仕上げ<例えばフローリング>や壁・天井仕上げ<例えなビニールクロス仕上げ>などです)

10.金属建具工事(サッシ工事)(運び込んだ時点で取り付けてあります)

11.木製建具工事(トイレの扉など)

12.電気設備工事(ここはお知り合いの電気工事屋さんなどに頼む事になるでしょう)

13.空調設備工事(量販店で大丈夫です)

14.給排水設備工事(ここはお知り合いの設備工事屋さんなどに頼む事になるでしょう)

16.住宅設備工事(キッチン・トイレ・シャワーなどの取り付け)

19.塗装工事(外装は基本的にされていますが、タッチアップや内装の窓枠など)

20.雑工事(何かと細かな工事が残りますのでそれらのことです)

23.設計・建築確認申請関連(完了検査含) これはちゃんと行わないと不法建築と言われます。

典型的プランは添付図面のような感じです。

20FEETX2_1LDK_PD_model_Ver_2._A3-940x658

 

コンテナでタイニーハウスを作る(20FEETX2台)27㎡のコンテナ住宅キット・セルフビルド

20FEETコンテナを単純に2台連結して27㎡程度のタイニーハウスを作ります。この図面のような状態です。
少し広めのワンルームマンションくらいの大きさです。

20FEETの2台の単純連結型まではコンテナの屋根そのままなので「特段の屋根工事」がありません。(繋ぎ目の止水工事はあります)
「屋根工事がない」というのは「セルフビルドでタイニーハウスを作る」時にはとてもハードルが低くなって「作りやすい建物」のサイズという事が出来ます。
ぜひトライしてみてください。

 

タイニーハウス

 

興味ある方は「タイニーハウス20FEETX2台」のキットの件という事でご連絡ください。
お客様に合わせて「セルフビルドのレベル」(どの程度ご自分でなさるか)を決めてお見積りいたします。
当社で「設置」した段階で「雨風は凌げる状態」にはなっていますので、慌てずにセルフビルド出来ます。

工事種別としては下記のような工事項目があります。

基本的な考え方は

赤文字表記部分は当社でいたします
青文字表記部分はセルフビルドです(お知り合いの業者様などへの依頼などもOKです)
お知り合いの業者様にもお願い出来るように「設計図書」はお渡しします。

1.準備工事・共通仮設工事(敷地の整備や工事に必要なものの準備:水・電気など)

2.基礎工事 コンクリート工事(基礎工事は地盤にもよりますが、比較的簡単な「独立基礎」でいけると思います)

4.鉄骨工事・製作管理 コンテナ輸送・輸出・輸入・現場への搬入 コンテナ建て方工事(基礎が出来たら運び込んで設置し雨水の止水工事までやります)

7.建築金属工事(屋根・防水工事)ここまで当社で工事しておかないと雨が降ったら大変。

8.内装工事・造作工事(基本の断熱と内装下地は付いてきます。内装ボード、間仕切りや、連結部の造作工事などをお願いします)

9.内装仕上げ工事(床仕上げ<例えばフローリング>や壁・天井仕上げ<例えなビニールクロス仕上げ>などです)

10.金属建具工事(サッシ工事)(運び込んだ時点で取り付けてあります)

11.木製建具工事(トイレの扉など)

12.電気設備工事(ここはお知り合いの電気工事屋さんなどに頼む事になるでしょう)

13.空調設備工事(量販店で大丈夫です)

14.給排水設備工事(ここはお知り合いの設備工事屋さんなどに頼む事になるでしょう)

16.住宅設備工事(キッチン・トイレ・シャワーなどの取り付け)

19.塗装工事(外装は基本的にされていますが、タッチアップや内装の窓枠など)

20.雑工事(何かと細かな工事が残りますのでそれらのことです)

23.設計・建築確認申請関連(完了検査含) これはちゃんと行わないと不法建築と言われます。

 

基本的な手順は下記の通りです。

74155590_2567666206646665_5449202394879492096_o

コンテナでタイニーハウスを作る |DIYで家を作る(20FEETコンテナ1台)

とにかくローコストで家を作りたい。DIYで作りたいという要望は実はかなり前からあります。
そうは言っても「建築物」です。安心安全という意味では、あまり乗り気ではありませんでした。

あまりにも多くの要望があるので、「セルフビルドキット」を作ってみようというprojectです。

コンテナの箱をお送りします。
その箱には「断熱」と「LGS下地」まで入っています。
あとは自分でやってね(爆)という企画ですが
「建築確認申請」と「完了検査」は受けなければなりませんので、それはこちらで引き受けます。
そして「設計図書」はつけますので
どうしても自分では出来ない「電気配線」や「設備配管」はお知り合いの業者さんにでもお願いして
DIY住宅projectやってみましょう。

とりあえずご相談ください。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_21b7

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_420d