新たな体制でコンテナハウスの世界をリードしていきます。 「新たに広がった建築の選択肢の一つ」それが「コンテナハウス」「コンテナ建築」なのです。 最もアイデアと実績・ノウハウに満ちたWEB_SITE

BIZ向け移動体建築

IMG_1422

IMG_1366

同じ事業コンセプトで10年も20年も事業を続けて行く事は現代社会では困難だ。社会環境は日々変化し、経済環境も日々変化して行く。事業主はそれに巧みに対応しながら事業を推進して行く。しかしながらビジネスを実際に行う「立地環境」も含め、環境が劇的な変化を遂げ、あるいは長い時間の間に徐々に変化をし、結果的に大きな変容をし、当初の環境とはちがったものとなり、現行のビジネスとのマッチングが悪くなるケースは多い。

そんなとき「不動産」である「建築」は一般的には「不動」のもので、やり替えは効かない。一般的な方法は「業態を変え同じ場所で追従する」か「マッチングの合った他所へ移る」という2択となる。現代のそれなりの資本以上でビジネスをこなす場合、個人店主の店とは違い、多店舗あるいはFCで展開するようなビジネスの場合、時代とともにマイナーチェンジを繰り返しながら時代性とのマッチングは取るものの、劇的な変化をする事は逆にその事業スケールから難しい。

ある種の業を守りながら進展させて行くとき、分かりやすい唯一の可能性は「移転」だ。考えても見たまえ年間50店舗などという新店展開をする多店舗事業であれば、常識的にその半数くらいの店舗数が採算の悪い店から「閉店」させ、次の展開を目指す。

このとき「閉店」は「解体」を意味する。それはすなわち「償却」の対象だ。もし「移設」出来るなら意味が大きく変わる。「解体」ではなく「移設」となると、極めて効率的な資本の保全が出来るのだ。机上の計算では建築物の再生率は70%。移設費用を差し引いても60%。新規店舗を40%の費用で出店出来るという事に等しい。これ以上語る必要もあるまい。BIZ向け建築としては、構造体として不向きなものでない限り、このシステムを選ばない理由がなくなる。

aina_pancake

移動する事を前提にデザインされた「CAFE」プロジェクト

c-211 toshiba_0001