ハイブリッド20FEETX2_ハイマウント_プール付_パッケージディール方式

ハイマウント型の20FEETX2_PD型VILLA
掲載分は「宿泊施設向けだが、住宅バージョンも可能。
ハイマウントとは「基礎が高床式」になっている。
地表の湿度から解放される。湿度の高い高原や、南の島など、また「高潮」や「津波」の被害が考えられる所などに向いている平屋だ。
プールのある生活を実現する画期的プラン。
プールの水は最新の「浄化装置」で浄化されるため
給水にはそれほど水は使わない。

3000万からの設定

金額に入っていないものは
デッキはオプション
消費税
1.基礎は地盤によって変わる
2.上下水道の状況
3.電気・ガスなどのインフラストラクチャ
4.お運びする場所
5.建築時の監理費(出張のあるなし)
などの変化要素は価格に含まれておりませんので、詳細はお尋ねください。

 

f7ddb2d8b0802831d9176255c687b1e0-940x582-1

93140143_2918746838205265_1118308758305374208_o 93369861_2918746751538607_3968891330188279808_o 93516549_2918746708205278_5234137538234417152_o 93569786_2918746911538591_8573138435194224640_o 93782788_2918746734871942_7215418720816988160_o 94023938_2918746741538608_693557138638766080_o 94143673_2918746801538602_7452611274740858880_o 94143679_2918746858205263_4314508967700070400_o 94488494_2918746848205264_6749364891745779712_o

「LAY_DOWN」型(横倒しプロポーション)_連棟型居住施設

コンテナハウスの場合方向性が二つあって
1.リーズナブルな企画を期待されるケース
2.予算がどうこう言うより「その辺にないビジュアルと機能性の新たなイメージの建築」。
という二つの方向だ。
これは「リーズナブルな宿泊施設計画」。
最近掲載している「LAY_DOWN」型(横倒しプロポーション)。さらにVILLAでもなく「練棟型」で、究極に建築費を抑えている。
アフターコロナの旅行業界向け新商品。
実はかっこいい。
94259391_2921853844561231_784830381999259648_o
平面図は2棟分の表現です。
最低5棟くらいいきたいですね。
93880099_2921426341270648_5702108988598910976_o

横倒しプロポーションの20FEETX1台単独居住ユニット

いま、20FEETハイキューブの「横倒しプロポーション」の単独タイプにはまっています。
色々描きました。やっぱ、高基礎系が似合います。
「これは使える」というわけですが、天井高さを2150mmだと聞いて、みなさん尻込みします(爆)
それを回避する方法は、コンテナの達人としてはありますが、それをやっちゃうと「ローコスト」の特徴が薄らぎます。
これはこれでいいんじゃ。(きっぱり)
潔く行こうではないか、それにすでに前例はRAKUTEN VILLAで作って、もう実証済み、気がつかない方もいるくらいだ(爆)。
用途は
1.ちょっとした別荘
2.ホビールーム
3.災害時避難住宅
4.ローコスト宿泊施設_VILLA_version
5.1から2名の居住用住宅
93652935_2923674741045808_1725810239984369664_o
93771712_2923674711045811_480703945337995264_o
デッキを作ることによって居住性は格段向上する。
宿泊施設の場合は格段に格が上がる。
93979266_2923680621045220_5586547945697705984_o
93979271_2923674687712480_4714899966655463424_o
94138757_2923674721045810_718057496110956544_o

郊外のコワーキングスペース

最新事業企画です。
絵にしないとピンと来てくれないから描きますが、建築は土地と共にあるので、計画するときはまた考えよう。
あ、僕はやりませんよ。僕は投資家ではないし、デベロッパーでもありません。お金もありません(爆)。あなたのために、計画をいたします。供給をいたします。
たった今でも「コワーキングスペース」が盛況で、ちょっと困った感じになっています。3密です。
この騒ぎが終わってからでいいのですが。実は「コワーキングスペースのニーズ」に変化が出ます。
郊外型のコワーキングスペースのニーズが高まるのです。今まで見向きもしてくれなかった「住宅街の駅そばが俄然このニーズに湧く」のです。
それは「Tele_work」が定着するからです。その有用性は兼ねてから言われていた事ですが、「働き方改革」の後押しも虚しく、理解しないおっさん上司たちはそれを広げませんでした。
しかし必要に駆られて今は多くの企業が導入しています。これは、事が終わってもその多くがそのまま導入し続ける割合が高いと考えられます。企業にとっても経費節減になるからです。おまけに都市構造も変わります。昼間人口の多い都市部から人が少なくなり、住宅地の昼人口が増加します。というか、都市部に昼間それほど流れなくなります。
それは本当は皆も望んでいる事でした。
でもたった今の状況じゃ嫌な事があります。それは「家でやりたくない」という切実な願いです(爆)。「狭い」「うるさい嫁がいる」(爆)、「可愛いけど、遊べとうるさい子供がいる」(爆)、幸せなはずの構図は仕事の上ではそうでもありませんでした。
あ、私は家でも大丈夫です。むしろ家から出なくてすむのはちっとも苦じゃありません(爆)。でも世の中の方々はそうじゃない。「仕事のオンオフはメリハリつけたい!」そう考えます。私はメリハリありません(爆)。起きているのか寝ているのか死んでいるのか生きているのか仕事しているのかうたた寝しているのかすら自分でもわかりません(爆)。
郊外住宅街駅そばのスペースに「コワーキングスペース」のニーズが俄然高まるのです。今までは「コワーキングスペース」はどちらかというと「都市部」でした。それはそれで今まで通りニーズはあるのですが、爆発的に増えるのが「郊外型コワーキングスペース」
はい。供給しまっせ。高度な企画を一緒に作りましょう!
あ、コンビニとCAFEとセットが望ましい(爆)。
coworking_20X3