ブランド宣言とコンテナハウス

わたくしどもは、当社のコンテナ建築が、一定の設計レベルに到達し日本のモジュール建築の一つのジャンルを確立し得たと今は自負しています。

また、デザイン的にも一定のレベルを押さえながら今まで成果を出してきたと考えています。
今あらためて「ブランド宣言」をいたします。

当社のコンテナ建築は建築基準法37条の材料規定をクリアし、日本の建築基準法に準拠した溶接方法で建築物を設計し、きちんとした製作管理下と施工管理下において施工をし、調査すべき事を調べ、証明すべき事を証明し、クライアントの利益の為に、また、日本の建築文化の進展のために建築しています。

「中古コンテナ改造ビジネス」とは全く別の世界です。そちらに興味のある方はこのサイトをご覧になっても意味はありません。

jis_steel

より明確な管理体制と、より明確な設計思想の元、新時代のコンテナハウスの最高ブランドとして顧客の利益のために尽くし、コンテナ建築の世界が道を間違えませんように、先進的な道を変わらず歩んでまいります。

 

ISOコンテナを使う事が出来る唯一の方法

こういう書き方をした方が解りやすいかもしれない。

ISOコンテナは日本の建築基準法の要件を満たす事は出来ません。4号建築のみそっかす建築の中で認める自治体があるかも知れませんが、あくまでそれはみそっかす4号の世界。

ISOコンテナを法的にクリアした状態で使う事が出来る唯一の方法を教えよう。それは「構造体として使わない」事だ。つまり鉄骨でもRCでも構わないがきちんとした構造体のフレームを作り、その中にISOコンテナを差し込んで部屋として利用するなど、間仕切りの素材として使う方法だ。日本の建築基準法下ではそれによってのみISOコンテナを建築の素材として使う事が可能になる。

海外のコンテナハウスの例(別の構造体の中で間仕切りとしてコンテナを使っている例)

06