館山のコンテナハウス

実は我が社で最もローコストに作った住宅だ。60㎡=1200万円くらいで出来上がった。
でもそれには訳がある。
厨房機器は別途(クライアントがイタリアンシェフなので自分の好きなプロ用厨房機器を入れた)
風呂はなく、沖縄では当たり前だが「シャワーユニット」のみ。
エアコン別途。
軒のテントはオーナー支給。

20FEETを間をあけて作る「ハイブリッド工法」で、
中間の床は床仕上げをしていない「基礎のまま」の素地コンクリート。
そこにペルシャ絨毯を敷いて「ロックな感じ」で生活する(爆)。
デッキが工事中だが、これはクライアント自身が自ら工事中。

室内仕上げも最もローコストな量産品クロス。
窓は全て「中国製のサッシ」。

やるべき事(建築基準法的コンプライアンス_基礎・構造・換気・採光・断熱等)には手を抜いていないが
徹底的に廉価品にこだわって、そこまでやって1200万(税別)。
これが今の限界です。
クライアントは喜んでくれている。

005

007

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_56df