表皮を纏うか、すっぴんで行くか

まずは「すっぴんで行こうよ」
色々な方が「コンテナハウス事業」に関わろうとすると
勝手な意見が多数出てくる。
『「コンテナ」が好きという人ばかりじゃないから「コンテナ感」をなくしたものも作りたい』とおっしゃる。

その意見はおおむね正しい。
確かに、誰もがコンテナを好きなわけではない。
そんな方々は
なんだかビンボー臭いし、安っぽいし、人が住んだりするもんじゃないよね。って思ってるよ。
だから今はそのような方々を相手に「開発期」を過ごさなくてもいいじゃん。と私は思うよ。
例えば、このような外観にしたらどうって話がある。

だからさ、こうするんだったら「コンテナじゃなくていいよ」(爆)
モジュラー建築っていう意味で考えても、多分意味ないよ。

どこからが「結界点」かって言うと、
コンテナハウスとしてコスト的に意味があるのは
床壁天井の構造材に「コンテナ」として作り込める構造があって、
「コンテナとして運べて」
「出来るだけ多くの部材をコンテナ工場で作り込むことが出来るか」が
コストに大きく関わるのです。
だから、もう暫くは「すっぴん」で行こう。
そうでないバージョンはもちろん既に考えてあるから(爆)。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_f6