新たな体制でコンテナハウスの世界をリードしていきます。 「新たに広がった建築の選択肢の一つ」それが「コンテナハウス」「コンテナ建築」なのです。 最もアイデアと実績・ノウハウに満ちたWEB_SITE

海の向こうに「知らない世界」がある。国境とコンテナハウス。

基本、島国日本では他国と陸続きで国境を形成していないので他国は常に「海の向こう」である。それゆえ「渡航」というコトバがある。国境を陸続きで接していれば、長い歴史の中ではその国境の位置が著しく変化したりで、違う国になったりする事もかつては多かった。そのような場合、国境を跨いだからと言って急激に環境が変わる場合はそう多くはない。現代のヨーロッパのユーロ圏では出入りすら自由な場合が多いので文化も溶け合っている場合もあるだろう。日本は、冒頭で書いたように海を越えて他国へ行かねばならない。非常に近い「韓国」や「中国」などの隣国と言われる所でもそれらの国に入ると、同じアジアの地域とはいえ確かに「異国」で環境の要素が違っている。最近では「韓国」は日本と同じ方向の「米国化」によって、比較的同じような環境ボキャブラリーも見えるが、やはり明らかに異国だ。何となく生きて来た我が身としては、生育期を欧米化の波の中で生きて来たので「社会の成長」とは「米国化」と同値に近いものがあった。色々な要素が育って行くと、物事を鳥瞰的に見る事が出来るようになり、次第に日本人も自国の文化の深さというものに気付き、愛国者となって、また己の国の文化を大切に扱うような傾向があるように思える。

dance

tanadatanada

しかし、「異国の雰囲気」というものを味わう事は本当に面白い。それは「成長ストーリー」「国のシステム」「民衆のDNA」などすべてが違う者達が棲息する地域での姿をまさに見る事だ。例えば中国に行けば「米国的なもの」はマクドナルド(爆)くらいだろうか、成長=米国化と思っていた日本人には、「こんなにAMERICA OFFの空間ってあるんだ」と気付く。

431076_350482101698431_1191276996_n

まあ、中国と米国は長い間お互いに「仮想敵国」であったし、現在のような関係が築ける時代が来るとは思わなかっただろう。中国はかねてより「シルクロード」を通して「ヨーロッパ」との関係が強かった。ユーラシア大陸を通してヨーロッパと繋がる。ユーラシアとは「ユーロエイジア=ヨーロッパとアジアの合体のコトバ」。中国の中にある「異国的なもの」は基本的に「欧州」のものだ。中国人が持っている異国的要素はやはり、欧州系のものなのだ。実際に昨今の中国国内の高級マンションなどはヨーロッパ的なものを取り込んでいるものが多い。それでもそれが「中華系」のものと混ざってなかなか微妙な世界を造り出す。

 

china

コンテナは世界的規模のシステムだ。ワールドワイドISO規格でその寸法が守られ、世界中にそのロジスティクスシステムが整った。ハコは同じデザインで「流通をになう会社」のロゴだけが違いを見せる。この同じデザインのハコの中に「様々な国の商品」や「材料」が詰められ運ばれる。まるでパンドラの箱のように、この箱の中から各国の文化が世界へ運ばれて行く。日本人は人類学的なレベルでも「中国大陸」からの流れである事は周知の事実で、文化的にも中国流れのものは多い。ある意味ルーツでもあるわけだ。それがある時期から独自の発達を遂げ始める。

10250257_828637643882872_3093041705804985525_n

 

当社のコンテナハウスは「コンテナ」が持つ「ロジスティクス」を最大限活用するシステムとして「システム建築化」されたコンテナサイズの「コンテナとしても認められる建築の躯体システム」だ。海の向こうの工場と、中国人スタッフ達の協力と、日本人建築士の中で育って来た。新たなシステムは、今急激な成長をし始めている。

inclusive & exclusive_Diversity of container それもこれもコンテナハウスに可能だ
inclusive & exclusive_Diversity of container それもこれもコンテナハウスに可能だ
    現在タウンハウス計画は習作の第二... 
METAL RESISTANCE EPISODE_4
METAL RESISTANCE EPISODE_4
 ... 
日本テレビ放送網株式会社とコンテナハウス
日本テレビ放送網株式会社とコンテナハウス
    四番町に日本テレビ放送網株式会社がクライ...