コンテハウス実績No.1_株式会社archimetal.jp 現代コンテナ建築研究所(Brand名)  圧倒的な実績をこのWEBでご確認ください。日本のコンテナハウスの歴史は現代コンテナ建築研究所の歴史。設計・監理・施工のお手伝いをいたします。お気軽にお問い合わせくださいませ。現在700FILE_記事掲載中。

最新スマートコンテナの紹介

cropped-0016
archimetal.jpでは自社の誇る最新の技術を使って、皆様に喜んでいただけるコンテナハウスを作っています。
今ある最新の技術についての解説の画面となります。

archimetal.jpのコンテナは現在次のようなジャンルでコンテナハウスを作り続けています。
container

最新のスマートコンテナの特徴は
中国の工場(HグレードまたはRグレード工場)で、中国製のJIS鋼材(宝山製鉄製)_SS400 & STKR_400鋼材を使って
剛構造部(ラーメン構造部)や必要部分はフルペネトレーション溶接(完全溶け込み溶接)を行って溶接部は作り
当然超音波探傷試験でチェックをし、
出荷前に「仮組工程=実際に仮に組んでみる」工程を経て日本に出荷しています。
そこまでやっている会社が当社と株式会社デベロップ以外他にあるでしょうか。

技術的には
建築用のコンテナを開発し
さらに「ハイブリッド方式」という「鉄骨組み」の工法も組み合わせる事によって
自由な寸法体系を可能にし
さらに、ちょっとした拡張スペースも「イクステンション工法」で自由な表現やプランを実現しています。
しかも「パッケージディール方式」という
建設に使用する「コンテナ」の中に、全てのパーツを詰め込み
最も小さなコストで必要部材を現場に運ぶという
システマティックな設計をする事によって
クライアント様の負担を最小にするという建設方式を確立しています。

デザイン的にはこのサイトを見ていただけばお分りいただけるように
最高のハイエンドデザインをコンテナハウスの世界では進めています。