広尾BOXPARK コンテナ2段積_6台

ウナギの寝床と呼ばれる土地。
間口が狭く、奥行きの長い敷地の事だ。

京都の町屋建築などではおなじみで
「光」や「風」を取り込む工夫などについて人々の知恵が盛り込まれ、日本的都市型住居のモデルとされることもある。

そのような敷地に作られたテナントビル。
奥は遠くてラフタレーンクレーンが届かなかったが、
裏にまだ空いている土地があり、そこから設置した。

表側も交通量が多く「設置」は苦労した物件だ。

もちろん
設計監理:archimetal.jp

hiroo_001

hiroo_002

hiroo_003

hiroo_005

hiroo_004

hiroo_006

hiroo_022

hiroo_008

hiroo_007