新たな体制でコンテナハウスの世界をリードしていきます。 「新たに広がった建築の選択肢の一つ」それが「コンテナハウス」「コンテナ建築」なのです。 最もアイデアと実績・ノウハウに満ちたWEB_SITE

少し話をしよう(コンテナハウス)_メタデザインについて

「メタ・デザイン」という概念を当社ではざっくり言うと(大きな概念的要素)という意味で使い、反意語は「コンタクト・デザイン」とし、(細やかに最適化させるための要素)という使い方をしている。

「メタ・デザイン」は「概念形成ツール」として理解するには次の4つがセットとなった概念と考えられている。

  • 抽象概念レベル(抽象概念・言語・手段的思考の構造と限界を理解する能力)
  • 図解と位相幾何学的思考(位相幾何学的な理解に支えられた、図像的な思考とデザインの使用)
  • 手順を示す(手続き型の)デザイン(ゲームやロールプレイ、さらには手順を示す様なデザイン・アート・建築のように、手順を用いることで現実性を創造すること)
  • 発生/出現(絶対的なコントロールの欠如と、意図しなかった結果や予期しなかった結果を利用する能力)

コンテナハウスにおける「メタ・デザイン」の要素のチカラは大きい。思想的な部分を置いて、スケールなどの物性だけにしぼって考えてみると「定められた枠としてのサイズのルール」これがまず一つの規範である。

その次に「Logistics_container」としての役割を果たす為の「緊結ルール」のための「固縛要素としての装置ルール」という規範が存在する。あとは「コンテナが持つべき強度」の規範があるが、「建築用」として開発しているため、ここは別のルールを適用する。建築用ルールを適用しても「Logistics_container」としての強度は保っているために問題は起こらない。

20FEETサイズは2438mmX6058mmX2591mm_又は、2438mmX6058mmX2896mm。40FEETサイズは2438mmX12192mmX2591mm_又は、2438mmX12192mmX2896mmという主な4つのスケールが主なスケールということになる。これを当社では「メタスケール」と呼ぶ。

メタデザインとしてのこのメタスケールは言うなれば「共通言語」だ。上記を仮に順番にA,B,C,Dという名前をつければA<仮>と呼ぶとすると、そのA<仮>は世界中でA<仮>があるスケールを指すこととなる。

A<仮>は2A<仮>を並列状態の20FEETコンテナとするならば、低めの20FEETコンテナが2つならんでいる様子を指すこととなる。

共通言語の要素を根本に持っている事の強みは実は計り知れない。そのことには少しずつ入って行こう。

実は「メタデザイン」はコンテナのこのサイズの事だけを言うのではない。何かをデザインして行くときの鳥瞰的規範の事も指している。つまり、個々のデザイン案件に適用される「コンセプト」のことでもある。

tree1

当社のコンテナシステムはツリー構造ではなく「セミラティス」構造を目指して作られている(デザイン概念のことで建築としての「構造体」の話ではありません)。
それは「メタデザイン」が本来持つべきデザイン構造だからです。

450px-PinesCalyx_PERAM_27-1

もちろん都市もツリー構造ではなくセミラティス構造である事はすぐに理解出来ます。
taxonomy

 

メタデザインの思想構造は実はコンピュータでいうところの「OS(オペレーティングシステム)」に似ていると考える事が出来ます。当社のコンテナハウスには当社のメタデザイン(OS)が作り上げられているのです。そしてそれは汎用性のある部分です。当社のは言うなればLINUXのように開放されたオペレーティングシステムとして構築しようとしています。

つづく(2014/04/06)
メタデザインとコンタクトデザイン