太陽と雨で生き延びる(災害対応住宅)

「パーフェクトサバイバルコテージ」=オフグリッドハウスです。
(もちろんパッケージディールタイプです)
構想ではありません。構想は確かに10年、実際に作ってみます。
珍しく、完全にノーマルサイズの20FEETを使います。
原点回帰というところでしょうか。
原点には原点の「汎用性」があるのです。
生き続ける居住ユニット(日常使いしながらね)

emargency_housing_003-1024x724

本日の絵は「完全NORMAL_20FEET(背も低いタイプ)」を使った「サバイバルコテージ」です。絵空事ではなく、なんと60kWまでの蓄電システムを搭載可能ですから、雨が降り続いても20日間程度は電気は無くなりません。太陽が戻ればバッテリーは蓄電を増やし続けます。情報インフラからも外れる事なく生きていけるのです。

(一般的に流通している蓄電システムは3kW程度。1日でオワリです。その20倍の蓄電能力まで可能です)

完全NORMAL_20FEET_CONTAINERという事は4TONワイド&ロングボデートラックで運べるという事ですから、輸送手段につきまして、汎用性のある寸法ということです。いざという時どこにでも運べるようにしておきましょう。雨水は浄水システムを使いますが、飲用には使いませんが、生活用水には「雨水」を使います。昨年は「災害の年」でしたが、この災害度合いは年々高まっているように感じるのは皆さんもそうでしょう。気温上昇と共に世界の気候変動が起き始めた結果という事はもう明らかです。

災害に備える事もとても重要な時代になりましたし、行政の「避難所」に頼れないafter_corona時代という背景もあります。この計画には非常に優秀な次世代型高偏差値バッテリーシステムが使われています。実際に初号機が出来上がりましたら報告いたしましょう。