新たな体制でコンテナハウスの世界をリードしていきます。 「新たに広がった建築の選択肢の一つ」それが「コンテナハウス」「コンテナ建築」なのです。 最もアイデアと実績・ノウハウに満ちたWEB_SITE

別荘建築としてのコンテナ

コンテナは海を越えてやってくる
生産地は中国だったり、韓国だったりその特性に合った工場を使う。

「別荘」という概念も時代とともに意味合いに広がりが出て裏に張り付くシニフィエが変わってくる。かつて多くは「避暑」という概念の元に「別荘」は成り立っていた部分が大きい。つまり、夏の都会を離れて高原で暑い時期は避難する場所=「長期間仕事を離れる事が出来る立場にあり、その建物を避暑が可能な軽井沢や蓼科などの場所に持つ事が出来る経済力の象徴」でもあった。「別荘に家族と出かける」というコトバはかつては、経済的ステータスを象徴するコトバだ。今でもそういう別荘は存在するが、使い方としては今やもっと広がりを持ってきた。

「永住出来る別荘地」=基本的にはリタイア年齢で、仕事をしていた都会などにマンションなどを所有し、リタイアしてからはその使用頻度が逆転し「別荘に実際に住み」時々「街に帰る」というパターンだ。この場合それなりの年齢だし、客をたくさん呼ぼうという訳でもないので「老夫婦2人で負担なく暮らせるサイズ」がちょうどいい。そんな選択肢も出てきた。家に多大な投資をするよりももっと色々と趣味を楽しみながら「住む場所や住み方にはそうこだわらない」住宅ローン支払いで何も楽しい事が出来ない。なんて生活はごめんだ。そんなライフスタイルの選択肢の一つになり得るかもしれない。

年を重ねてからは「寒い所は体に堪える」という事で南の島に移住というパターンもある。実は南の島は廻りが海なので真夏でも33°Cを超える事はあまりない。日差しを直接浴びると強烈だが気温は上がらないのだ。事実夏の気温は沖縄より東京のほうが暑い。「避暑」というコトバが生まれた昭和初期は「エアコン」なんてない時代。とりあえず涼しく過ごす事はエアコンさえあれば出来るご時世だ。冬の厳しい環境から離れたほうが高齢者は確かに楽だろう。

そんな南の島にでも、山奥の人里離れた場所にでも、望むなら北の大地にでも、極寒の極地にでも「コンテナ建築」は持って行く事が出来ます。田舎や島では建築業者すら見当たりません。「持って行く事が出来る」世界規模のロジスティクスシステムをベースに計画された当社のコンテナハウスは、中古コンテナを改造したのではなく、「コンテナのロジスティクスを利用しようと計画された新たな建築システム」なのです。

nariki_01 nariki_02

nariki_03