出来るか出来ないかは模型で考える

集合住宅を考える時、それが3階建になると「耐火建築」としての性能を求められる。
コンテナ建築では「耐火建築」に対応は出来なくはないが
コンテナらしさは失われ、コスト的なメリットもかなり薄くなる。
それを回避する方法に「各住戸に直接のアプローチがある(長屋)と言うジャンル」がある。
共有の通路ではないために
何か非常自体の時でも「直接の避難経路」があるから、より安全性があると認められ
「準耐火」でも建築が可能なケースがある。

その検証のためのスタディーモデルである。

どうやら可能なようだが、構造屋さんが根をあげる(爆)
機会があればぜひトライしたい。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6f0

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6f2

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6f6

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6fa

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6fd

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_702