株式会社archimetal.jp  圧倒的な実績をこのWEBでご確認ください。日本のコンテナハウスの歴史はarchimetal.jpの歴史。設計・監理・施工のお手伝いをいたします。お気軽にお問い合わせくださいませ。現在250記事掲載中。

六本木メルセデスベンツ NEXT DOOR

六本木のメルセデスベンツのイベント用施設の核施設

2段積みで「吹き抜け」を作った最初の作品。
圧倒的な母ルーム感が出る。
コンテナはハイキューブコンテナでもコンテナそのものの高さは2891mm
意外と小さい
それゆえ2段積みにしてボリューム感を出し
室内側では天井の高さを確保して開放感を出した。

どうでもいいけど
ベンツマークは専門の看板屋さんがいてあのマークは300万円(爆)
40FEETコンテナより高いじゃん
でもねSUSで出来ていて、実は小さな穴が空いていて
内側に照明が入っている
昼はピッカピカのSUSに見えて、暗くなって照明を灯すとマークそのものが光って見えるというスグレモノ。

40FEET_HiCubeコンテナの場合、気をつけなければならない事がある。
日本の道路事情によって40FEETコンテナの場合「下部」にトレーラーの骨が入り込むトンネルを作らねばならない。
グースネックと言います。
その内容がわかってないと「港に着いたコンテナ」を国内では運べなくなってしまう。
どうしたらいいかは教えません(爆)

建築も負けないようにデザインしました。

著作権保有者
設計監理:archimetal.jp

写真は工場での仮組の写真
背面に断熱材が見えているのは、コンテナのコルゲートパネルを室内側で「あらわし」にした時の「断熱」のため
それゆえ、現場で背面にスパンドレルの外壁仕上げ材が貼られている。

12371037_963196217093680_881448382558476782_o

1025772_963196683760300_746408749992982572_o

12662526_992054950874473_7382999591012938091_n

12698166_992105884202713_58697958875288676_o

デモンストレーション用の「斜路」の構造設計は「梅沢事務所」にお願いした。
12670872_992105927536042_6713374675202764813_n

12657372_992105960869372_2083180950613685380_o

12342508_963196220427013_1672763845152947951_n

12365919_963196223760346_1605548081981406659_o

benz