新たな体制でコンテナハウスの世界をリードしていきます。 「新たに広がった建築の選択肢の一つ」それが「コンテナハウス」「コンテナ建築」なのです。 最もアイデアと実績・ノウハウに満ちたWEB_SITE

モジュール分割とレッドブルのコンテナハウス

IMG_0841

コンテナハウスの根底をなすシステムはその「モジュール」としての概念だ。世界標準を準備した背景は「チェーンロジスティクス」という目標だった。「チェーン」はそのまま鎖のように繋がって、「切れる事なく運んで行けるシステム」という事だ。事実それは世界中に広がり、地球上をくまなく運ぶ「チェーンロジスティクス」が確立された。世界標準がこれまで広がった例があるだろうか。

nazo

このチェーンロジスティクスを実現する為に必ず守らねばならない事はその「モジュールサイズ」だ。このモジュールと緊結方法の標準を守っていれば「船積み運賃」さえ破格にローコストだ。バラ積み船などに比べれば、決まったサイズの箱状だから沢山効率的に積める。皆が利用するから、定期船も多い、いい事尽くめで輸送費は下がる。ちなみにこのコンテナをバラ積み船に積めばヘタをすると10倍程度の輸送費になる。

REDBULL

さて、写真のコンテナは「REDBULL」様にご発注いただいた「DJ_booth」のためのコンテナだ。ブース自体は20FEETのサイズも要らないほどの小さなサイズ。当社ではどのようなサイズのものでも製作は可能だ。それゆえご要望通りのサイズで製作したが、2Mほど20FEETコンテナにはサイズが足りない。このまま運ぶと20FEETコンテナを運ぶよりももっと輸送費がかかってしまうという、モジュールシステムならではのパラドックスが発生する。

設置する場所の特性に合わせて、残りのサイズで「階段」を作り、「連結して20FEET」にし、20FEETコンテナとして輸送を行った。設置現場で分解し、上部の写真のように「本体」と「階段」としてそれぞれ設置し、無駄もなく、輸送費も20FEETコンテナそのままで実現した。

高偏差値読者の中にはこれで「ピン」とひらめくものがあるでしょう。そう「40FEETコンテナ」にもその考え方は適用出来る。「30FEET+10FEETコンテナ」などの組み合わせを考えれば、ある意味「モジュールサイズからの呪縛」を解く事も出来るのだ。これが一つの「コンタクトデザイン」。あらゆる手法がそろってきたarchimetal.jpのコンテナハウス。自由度においても私どもを縛るものはない。モジュールという世界が生み出す利点のみを拡大させ、あらゆる建築を自由に造り出して行きたい。

red001