新たな体制でコンテナハウスの世界をリードしていきます。 「新たに広がった建築の選択肢の一つ」それが「コンテナハウス」「コンテナ建築」なのです。 最もアイデアと実績・ノウハウに満ちたWEB_SITE

メルセデスベンツジャパンとコンテナハウス

ディーラーさんとではない。ディーラーさんがどうだという話ではないが、メルセデスベンツジャパン、車メーカーとしての取り組みだ。ドイツ本国の本社のOKも出て進行中のプロジェクト。「コンテナ建築の中でお客様をもてなす」ということに対して抵抗感がないのは「西欧人系」と「琉球の方々」がDNA的にそうらしい。日本本国では「老人ホームをコンテナで」とか「デイサービスをコンテナで」と言うと抵抗感がある方がいらっしゃる。それは「コンテナ」というイメージが抱えている問題であることは間違いないので、絡み合った糸をほぐしていけばその「抵抗感」の元凶は突き止めることができるが、いちいち説明するのはもう1万回くらいやったので面倒くさい(爆)。

しかしながら、広尾のコンテナ商業施設を作っていた時も西欧系の方々は見るたびに「cool!」とか言ってくれるが、日本の方は「これ。コンテナ?いいの?それで・・」という感じだ(爆)。いいんです。出来上がればあなたも納得するんです。この話は実は自分なりに分析しているのでまた今度長い話をしてあげよう。

コンテナに取り組んで10余年。当時本格的にコンテナに取り組んでいたのは「株式会社デベロップ」くらいでした。まあ、仲間という関係で進んできました。ところが最近は雨後のタケノコのように取り組む会社が増えている。社会的に認識されて喜ばしきことだが、是非建築基準法を守って正しいコンテナ建築をやってくれたまえ。どうもやるべきことをやってないような感じがして業界に悪影響を与えてくれたらせっかく作ってきた「コンテナハウス」に対する正しい取り組みの道が崩れると困るなと思っています。

メルセデスベンツジャパン六本木「メルセデスベンツコネクション」の横に作られる施設は、これから力を入れる「SUV」のモデルに対してのプロモーション空間となる。「登坂力」を示す坂道やでこぼこ道を再現してその走破力を示すためだ。中でも「登坂力」を示す坂道が今回は「コンテナハウス」より、その工作物が見所だ(爆)。それはお披露目まで画像を見せるわけにいかない。MBのOKが出てからにしよう。

1025772_963196683760300_746408749992982572_o

12342508_963196220427013_1672763845152947951_n

壁の白いものは何かって? 外断熱をやってみてるのだよ。そして内部コルゲートあらわし。

12371037_963196217093680_881448382558476782_o

 

METAL RESISTANCE EPISODE_3
METAL RESISTANCE EPISODE_3
... 
コンテナハウスのリアリティ。寄宿舎としてのコンテナハウス。
コンテナハウスのリアリティ。寄宿舎としてのコンテナハウス。
1F_PLAN 2F_PLAN ENTRANCE... 
この場所にとどまっていたかったら、全速力で駆け抜けるのよ!(不思議の国のアリス)
この場所にとどまっていたかったら、全速力で駆け抜けるのよ!(不思議の国のアリス)
  上記スケッチは、いつか作りたい当社の研究開発施設のス... 
コンテナハウスとインスタレーションアーキテクチャ
コンテナハウスとインスタレーションアーキテクチャ
  インスタレーションアーキテクチャーに使えないかと、よ...