パッケージディールの原型 コンテナカフェ

 

 

 

 

20FEETコンテナを「間を開け2台置いてその間を鉄骨で繋ぐ」
という方法で設計したローコストカフェ。
現在の「全ての材料を2台のコンテナに入れて運ぶ」パッケージディールの原型の仕事。

コンテナ二台でコンテナだけなら延床面積は27㎡。
間を開けて繋いでいるので60㎡強の延床面積。
コンテナ4.5台分の面積になる。
それを3.5だいぶんくらいの建設費で作れるので
コストパフォーマンスは高い。
今ではさらにイクステンションすることが出来る部材を開発し
さらにコストパフォーマンスは上がっている。

もちろん設計は
archimetal.jp

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_56b9

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_56cb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です