ハイブリッドがよくわかる仕事

ハイブリッド工法という言葉がこのサイトではよく出てきます。

それは「コンテナ」と「在来工法」を組み合わせることによって
コンテナ建築にも寸法的自由度や、表現の自由度をあげようという事で考えられた
archimetal.jp独自の工法です。
普通のコンテナではこの工法は無理で
特殊な作りのコンテナになっています。

工事中の写真を見るとよくわかりますが
両サイドが二階建てのコンテナで
それを在来工法で繋いでいます。
つなぐ寸法で「寸法的自由度」が増します。

繋いだ1階の部分が「ガレージ」です。
大きな車でも入るワイドを確保する事が出来ます。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_56e5

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_56e6

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1e5f

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1e60

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1e5e

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1e5c

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1e59

flmsWgTHSSeVmiUMJ2pSuw_thumb_1cf8

62IEZnHqSBO80sKstTYksw_thumb_1cf9

1%VS%GXzToi11N3U3QFxrw_thumb_1cfa

VmaCtj54QRub10IPVsSMbA_thumb_1cfb

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1cfc

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1cfd

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です