新たな体制でコンテナハウスの世界をリードしていきます。 「新たに広がった建築の選択肢の一つ」それが「コンテナハウス」「コンテナ建築」なのです。 最もアイデアと実績・ノウハウに満ちたWEB_SITE

ティーチングとコーチング_そしてコンテナハウス

ウチの設計事務所としての趣旨は「ティーチング(教え)」ではなく、あなたの横でエールを送る伴走者としての「コーチング」だ。所員の能力を信じ、引き出し、クライアントを成功へ導くためのコーチングをするのが理想だ。ティーチングからは個性豊かなものが消えていくきらいがあると考えている。新たな知識で置き換えようとするからだ。そうではなく所員が元から持っているチカラを引き出し、それをプロフェッショナルのレベルへ持っていくには「コーチングメソッド」のほうが適していると考える。

あなたの頭にある「私の建築」その映像は大切にしたい。そのカタチはきっとあなたの個性を反映したプロトタイプだ。そのまま建築にすべてを反映させることはきっと不可能でしょうが、大事にすべきあなたの個性そのものだと考える。「建築をデザインをする」時、自分の頭の中に造り上げる建築のイメージを思い浮かべる。その時の頭の中の建築のイメージを「ファーストイメージ」と呼びましょう。あなたは、まだその思いを現実のものとしようと、動き出したところですから、知識や経験に欠け、明確な建築の内容までは出来ていないでしょう。しかし、今頭にあるあなたの建築イメージは、あなたそのものの個性を反映したものであることが多いのだ。巨大組織事務所ではなく少人数の精鋭建築事務所はその個性を大事にしたい。それが存在の価値だと思っている。

私はあなた方に多くの知識やエールを送り続けます。そうすると、あなたは次第に力を付けていきますが、新たな知識や知恵が付いていく度に、あなたが初めに持っていた個性とも言うべきファーストイメージが薄らいでいったり、消えていくことがあるのです。人は成長しますから、ある意味それはそれでいいという一面もあります。しかし、建築は人々に受け入れられる個性が大事な部分も大きいのです。そんな意味では初めに抱いたあなたの建築のイメージはあなたの個性そのものです。それを残しつつ、人々に受け入れられる建築の計画を進めていくのです。

あなたのイメージにある例えばその商業施設は一体どんな機能を求め、どんな利用者が訪れ、あなたはどのような空間を提供し、どのような運営者がその空間を運営しているのでしょう。そんな細かな所まではイメージできていないかも知れませんが、そのイメージの延長を想像していきなさい。私はあなたの中にある「建築」のイメージを取り出し、どこかの場所で、なにがしかのカタチを与え、あなたが描いた建築の竣工を迎え、その建築が繁栄をするための様々な事業戦略と空間戦術を考え出すお手伝いをしなければなりません。

まるで自分に言い聞かせるようなこのつぶやきは、所員に向かうものでもあり、クライアントに向かうものでもある。

たまたま、今のテーマは「コンテナ型ユニット」を使った建築に挑み続けているけれど、それが不適切なケースの場合、わたくしたちは自由だ。RCでも木造でも、鉄骨造でも、適正を考えて建築を創り出していく能力は普通に持っている。その時は最も最適化したソリューションをお届けします。

例えば人気の飲食店があったとしよう。そこの圧倒的人気メニューは「スズキのアクアパッツァ」で、圧倒的な美味しさを持っているとしたならば、きっとその店の「バーニァカウダ」も美味しい。一方で、他の店に入り「どのメニューがおすすめですか?」「どの料理が美味しいですか?」とたずねた時。「どの料理も美味しいですよ」と答える店の料理はどれもいまいちだ(爆)。

当社の自慢は「コンテナハウス」です。誰も近づけない日本最高峰の技術とデザイン力とシステムでお応えします。でもそれが不適切な場合、他の工法でも最高のソリューションをお出しします。その能力は普通に持っていなければ、コンテナ建築でもその能力は発揮出来ません。

あ、別の話になっちゃった。
私どもの事務所は「コーチングメソッド」によって個々の個性を大事にしながら全体のレベルアップを目指しています。

写真は当社のスタッフ作 「鯛と新鮮野菜のカルパッチョ」(爆)
料理も建築だ。

karupaccho