タイニーハウス コンテナハウスの小さな家

タイニーな小住宅のPLAN集です。
コスト的にはコンテナハウスは「2階屋」よりも「平屋」の方ががコストパフォーマンスが高いです。
それゆえ、コストだけで言えば、都心部よりも郊外の土地値が安いところの方に向いています。
宿泊系なら「リゾート系」のやはり土地値が安い所が向いていると言えます。

構造形式としては「重量鉄骨」になるので、2階屋はそれなりの基礎が要求される事や、
設計の経費についても木造と違って2階屋になったら普通に「構造計算」が必要なので
設計経費が2倍くらいになる事と、
十分な「強度」にするために「鋼材」の量も増えるためです。

また、当然「建て方」の工数も増え、難易度も増えるためです。
2階にするのが「難しい」というわけではなく、色々と手間や鋼材が増えるためという結果なので
必要な時は2階でも3階でも可能です。

 

この図面は20FEETコンテナを3本使った、1階は生活空間、2階は寝室とデッキという構成です。
延床面積は41㎡程度+デッキ13.5㎡
小規模の場合「階段に取られる面積」によって床面積効率は多少落ちます。

niseko_4

 

このプランは同じく2階建で20FEETコンテナは本を使っています。
コンテナとコンテナの間を開ける「ハイブリッド工法」で開けたところに「階段」を配し
その空間は「吹き抜け」として、空間のボリューム感を出しています。
1F40㎡+2F13.5㎡=53.3㎡

niseko

 

 

こちらは「平屋」ですが
コンテナは20FEETX2本のみで、1本減ったにも関わらず、延床面積は46.5㎡と面積効率は大きくなり、コストも下がります。
個室も取れるので、LIVINGのベッドを無くしてリビングルームが大きな「住宅」向けに作ることも可能です。

niseko_3

 

上記と同じ躯体ですが、設備系の配置を変えるとこのようなプランの構成も可能です。
比較的上記よりはリビングの中に「ベッドコーナー」を持った「宿泊系」に向いているかも知れません。

niseko2