スタディーモデルとコンテナハウス

模型

 

計画を進める時、簡単にだが模型を作る。図画工作の時間のようだが、これが最も、誰にでも伝わる手段だ。ジオラマではないし、完成予想模型ではなく、シェイプアップする為の検討用模型なのでずいぶん簡単にはしょって作る。3Dパースのデータを作るよりもずっと初期の段階だし、「検討する為の模型」で、我々の業界では「スタディーモデル」などと呼ぶ。

20FEETX二台のコンテナの上に40FEETが股がっている状態の模型だ。
キャンティレバーで載せたい所だが地震国日本での建築基準法をクリアする為には、地震時の「揺れ」に耐えなければならないので、この状態で3M強のキャンティレバーになるのでなかなかそうはいかない。

このスタディーモデル写真を見て悲しいのはやはり40FEETを支える「足」の部分だ。これからきっと「足」のデザインを検討する時間が始まる事になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です