コンテナ型OFFICE_オフィスをコンテナで構築する事の意味はその建設スピードとコスト

建築確認申請に通り、コンプライアンスを完全実施出来る躯体となって、最初の建築となったのがこの「パルシステム館山営業所」だ。パルシステムさんは「宅配型」の生協で、家庭の都合で宅配ではなく「品物を取りに来たい」方の為の「商品受け渡し場所」という機能と「事務所」及び生協として「子育て支援や料理教室などをおこなう為の施設だ。

基礎工事が終って、設置工事に取りかかり、その設置と内装工事は10日間で終了した。
c-101
初期の商品受け渡し入口。(このあと盛況で荷物を預かる場所が足りなくなり増築した)
c-107

料理教室などをおこなう多目的室
c-103

多目的室とのパーティション壁画はこの為に描かれた(タイトル:ゆりかご)
全開放可能な壁となっています。
c-105

子育て支援室に使われている空間。天井高さを確保するためコンテナ屋根がそのまま室内天井として使われ、大屋根を掛けているが大屋根下で断熱した。
c-104

断熱は外張り断熱工法とした。
c-102