コンテナハウスの価格

コンテナハウスの価格

「コンテナハウスは20万円で建てられる」
と言うようなテキトーな記事を鵜呑みにする人はいないと思います。
安心安全の「建築物」を建設するためには
普通「やるべき事はやらなければならないし、建てる方にもそれなりに夢がある」と言う事を忘れないで欲しいと思います。

コンテナハウスの建築物としてのコスト構成は
一般的建築物と何も変わりません。
違うのは「建設プロセス」の中で
鉄骨工事が「工場であらかじめ組み立てられて運ばれてくる」という部分です。

そこの「工場であらかじめ組み立てられて来るので」工場での効率的な組み立てによって
重量鉄骨のジャンルになるのですが
「一般的な重量鉄骨よりも構造体のコストが少々コスト的に有利だ」という事はいえます。

また、当社ではこの主要な構造体である「コンテナ」の中に
その他の必要な構造材を自らのコンテナに入れて運ぶという
パッケージディールと言う手法で輸送費を極限にまで少なくしているので
その輸送費の無駄は省かれているとはいえます。

それ以外は
設置をし、断熱をし、サッシ工事をし、防水をし、内装下地を作り、内装仕上げをし、
電気設備を入れ、給排水設備を入れ、住宅設備を設置し、塗装工事をし、家具を設置し、カーテンや照明器具をつける。
など、一般建築と何も変わらないし、必要ではなくなるものはありません。

つまりコスト的に有利なものは
構造体が少々コストが抑えられているという事と、工場製作部分が比較的多いので
少し工期が短く、その分の人件費が抑えられていると言う事ぐらいです。

と言うか、この「構造体のコストが少々安いと言う事と、人件費が少々抑えられている」という事は
とても素晴らしく、その分安くなる要素は
大きな金額の建築物としてはとても大きな要素なのですが
魔法のような、別の世界のような、20万円で出来ますというような話はないというのがお分かりでしょう。

一般的によく言われる「坪単価」というよくわからない表記でいうと
コンテナハウスの坪単価は
50万円/坪から100万円/坪程度(幅、広すぎですがPLANや内容によってそのような幅は出来ます)になります。

その中でも当社では「ONE_DESIGN_CLASS」という「標準設計」の商品は
設計経費を標準設計で抑え、工場生産の効率も同じものを作るという意味で
さらに製造効率を高めコストを絞った商品もあります。

コストの構成をプランを見ながら見てみましょう。

 

cost_plan

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1510

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5686

工程

container