コンテナハウス 今、時代の流れは「ハイブリッド」と「パッケージディール」ですよ。

コンテナハウスを普通に作るのはもう随分多くの企業が乗り出して来ています。
いつの間にか「おもろい市場や」という事で乗り出して来ているのでしょう。
というわけで、まあまあそれなりにデザイン力もついて来て
20年前の「ISOコンテナ改造で・・・」とは違った世界になって来ました。
また、JIS鋼材を使わなきゃダメだとか
グレードを持っている工場で溶接しなきゃとか
ラーメン構造にするにはフルペネ溶接しなきゃだとかもわかって来ている企業も増えて
頼もしい事だと思っております。
ようやくそれが常識になりつつあり、いい事だと思っています。

さて、建築の基本はそれで整ったとしましょう。
デザイン力もまあ20年前と違って、割とフツウの状態までは近づいて来たかに思います。
時代の流れというか、概ねデザインの世界は、今年よりも来年、来年よりも再来年。
デザインに携わる方々がそれなりに成長しているので
レベルが下がることはなく、少しづつ上がって来ているようにお見受けします。
少し前までは「当社に同業者はいない」と豪語していましたが
「いや、それなりにやれるよいうになって来たじゃん」と思っています。

すまんね、そんな書き方で(爆)、そりゃね当社とデベロップは
20年前からやって来た事業なので、その蓄積は半端ではなく、
その手本を見ている人たちは20年はかからないかも知れないけれど
そうは言っても2000プラン以上書き続けている者には
半分づつ近づいて来ても永遠に追いつく事は出来ません。

そんな中、
当社の今の常識は
コンテナの組み合わせだけではなく「ハイブリッド」が主流です。
寸法の自由度が格段に広がるのです。
流石にこの世界はまだ我が社の独壇場です。
また、コンテナの宿命である「モジュール」の世界から解き放たれ
新たなシステム建築の開発が可能だからです。
システムとは「一般的ではない状況に対応できる事」を言います。
ボックスラーメンとラーメン的構造+ブレース構造との組み合わせで
新たな世界を開発して来ました。
そして、それを中心的な開発路線としています。
デザイン的な表現の世界も広がるし、機能空間の構成も広がるからです。

そして新たな新境地「パッケージディール」という手法と組み合わせ始めました。
CONTAINER X 自由度 X LOGISTICSという演算から「べき乗」的広がりが生まれ出したのです。

実作もこの境地の中で取り組み始めました。
そのレポートももうすぐです。
誰も追いつけない、新たなコンテナハウスの常識が広がり始めます。

全て話題作はarchimetal.jpだ。は崩れません。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2455

036fa3a19c86bb0b3234f653526a8ad8d39e264f.47.1.26.2

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_56b3

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4d5b

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_56ae

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5691

DSC_2746

PgaOojSRQyicWQFmCFwW6A_thumb_3630

IMG_3073

005

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5a2e

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3d75

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5663

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_56bc

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_72a1

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_893a

12304353_957026671043968_1951356209077945248_o

heavy_metal

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2219

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2213

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_21ec

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2214

container