コンテナハウスのカフェ開業 コーチング_第1章_基礎編_1/10 ファーストイメージはあなた自身!大切にしよう

カフェを開業したい方のためのカフェ開業コーチングです。
コンテナのサイトにこんな記事が!って驚くでしょう。
第1章の1/10です

あなたがカフェ開業を目指すときに少なくともこれくらいの知識や、想いを持っていないと、おおよそ「起業、開業」という一つの事業を開始するという自分自身のミッションを成就する事がムリでしょうという事が書いてあります。ただし、本当はそんなに難しいことではありません。強い意志と時代を見抜く力を持ち続けるだけの事なのですが、カフェの立ち上げを行い、あなたはその店を何年も続けていきます。考えてご覧なさい、10年20年と続いているそのような店の存在をあなたは知っていますか?もしあったとしても色々と細かに業態を変化させながら時代に適応しているように見えませんか?生き残っていく店とはそんな努力の末に成り立っているのです。これは、飲食の世界だけの話ではありません。そしてその手法とエールを横からコーチとして語り続けましょう。

それを申し訳ないが「コンテナのカフェ」としてコーチングします。

A-001 ファーストイメージはあなた自身!大切にしよう。

あなたの頭にある「私のカフェ」その映像は大切にしよう。そのカタチはきっとあなたの個性を反映したプロトタイプなんです。そのまま店にすべてを反映させることはきっと不可能でしょうが、大事にすべきあなたの個性そのものだと考えられます。

「カフェを開きたいな」と思い、自分の頭の中にオープンさせるカフェのイメージを思い浮かべる事がよくあるでしょう。その時の頭の中のカフェのイメージを「ファーストイメージ」と呼びました。あなたは、まだその思いを現実のものとしようと、動き出したところですから、知識や経験に欠け、明確なカフェの内容までは出来ていないでしょう。しかし、今頭にあるあなたのカフェイメージは、あなたそのものの個性を反映したものであることが多いのです。個人のオーナーが運営するカフェはその個性を大事にしたい。それ故、そのイメージを大事にしておきたいのです。

今から私はあなたに多くの知識やエールを送り続けます。そうすると、あなたは次第に力を付けていきますが、新たな知識や知恵が付いていく度に、あなたが初めに持っていた個性とも言うべきファーストイメージが薄らいでいったり、消えていくことがあるのです。人は成長しますから、ある意味それはそれでいいという一面もあります。しかし、カフェは人々に受け入れられる個性が大事な時代に入っています。そんな意味では初めに抱いたあなたのカフェのイメージはあなたの個性そのものです。それを残しつつ、勝ちにいけるカフェの計画を進めていきましょう。

あなたのイメージにあるそのカフェは一体どんな業態をし、どんな客層の客が訪れ、あなたはどのような商品を提供し、どのようなオペレーションでその店を運営しているのでしょう。そんな細かな所まではイメージできていないかも知れませんが、そのイメージの延長を想像していってください。私はあなたの中にある「カフェ」のイメージを取り出し、どこかの場所で、なにがしかのカタチを与え、あなたが描いた店のオープンを迎え、そのカフェが繁栄をするための様々な事業戦略と戦術を考え出すお手伝いをしなければなりません。

このサイトの趣旨は「ティーチング(教え)」ではなく、あなたの横でエールを送る伴走者としての「コーチング」です。あなたの能力を引き出し、成功へ導くためのコーチをしていくのです。ティーチングからは個性豊かなものが消えていくきらいがあります。新たな知識で置き換えようとするからです。そうではなく、あなたが元から持っているチカラを引き出し、それをプロフェッショナルのレベルへ持っていくには「コーチングメソッド」のほうが適しているのです。

折に触れ、あなたのファーストイメージの特徴を書きだしておくといいでしょう。

今日のコーチ001

自分が持っている自分のカフェイメージを大切にするため、今抱いている「自分のカフェイメージ」を書きだしておく。書くことによってあなたのイメージも明確になっていきます。

51729508_2105320622881228_3929397735806992384_o

51611135_2105320662881224_373556021815148544_o