新たな体制でコンテナハウスの世界をリードしていきます。 「新たに広がった建築の選択肢の一つ」それが「コンテナハウス」「コンテナ建築」なのです。 最もアイデアと実績・ノウハウに満ちたWEB_SITE

コトバ探しと空間創造_そしてコンテナハウス

人に物事を伝える時、どう伝えようかと「コトバ」を探す。

設計を依頼された時、要求された内容を斟酌しコトバ探しと同じように「空間探し」つまり空間創造を行って行く。我々は「図面」という表現方法でその空間を伝えようとするが、概ねこれは実際に造るときの為の「記号」の世界のようなものである。すなわち「記号」と「コトバ」が同じ意味である事がこの時解る。

少々初期的なコンテナハウスの場合、1/100程度のブロック模型でクライアントにはプレゼンテーションをすると「図面で伝える」よりも理解が早い。図面は2次元の世界だが、「モケイ」は3次元モデルなので頭の中で「翻訳作業」が必要ではない事がその理解を助けているという事が創造出来る。疑似3次元の「スケッチ」なども、それを助ける一つの手段であるし、設計側ですらより深い「気付き」が、3次元モデルによって獲得出来るときもある。良質な気付きは創造的な良循環を生み、期待以上のデザインが出来上がる事もある。

世界的名建築を、学生のときなど、初期的な課題で、あらためて「モケイ」を作らされたり、する事が今の時代でも大学などで行われていると思うが、その意味には、設計作業のある部分を追体験している効果や、まさにモケイによって空間の構成に関わる要素について「気付き」をうながしていたりするものだ。コトバが連続し「文節」ができ、やがてさらに繋がって「文章」となり、脈絡が構成され「文章」となる。くだらない文章が「駄作」で、素晴らしい表現と文脈が構築されやがて文学の世界まで到達出来たものが建築の世界でも名作となる。

こうやって考えれば「建築」が「文学」である事はもう明白だ。

コンテナハウスをモケイを使ってエスキースを作り、あるいはスケッチを描きながらデザインして行くと、「モケイの箱」が一つの最小単位の「ワード」であることがやがて解ってくる。コンテナハウスは少なくともスタートが「ワード」、最小の意味を持った「固まり」という事が出来る。そのワードを組み合わせて文節を作り、文章化して行く。

そうやって考えると、コンテナハウスは素人には解りやすい「レゴブロック」のような世界で、多くの方が「建築」に参加しやすい一つのあり方かも知れない。「レゴブロック」のベースのブロック(単純な構成)には「可能性が色々と含まれている」事を、幼少の頃遊んだ方は記憶にあるだろう。その可能性には私も大きなものがあるように思われる。しかしながら、レゴブロックには「○×用セット」なるものが存在するが、これは「創造指向」の人にとっては「大きなお世話」な世界であると感じるだろう。可能性、展開性を否定したレゴブロックの初期コンセプトからすると「売る事に徹した」悲しい商品。自己可能性の否定的堕落商品(爆)だ。

1367409926_b

少々話はズレたが、コトバを紡ぎだすかのように「建築」もレトリックの世界が存在する。

874a067b6721dce37059b13b23841694

私達はコンテナサイズのユニット建築がその枠を超えて素晴らしい建築になって行く事を証明する事が出来る数少ない集団だと自負しています。

 

150_001

レゴブロックは、「既にあるもののレプリカ」を作り出したときよりも、創造的に「何かを創り出した」時の方がステキだと思う。

rego

人がコトバを覚え、単語を発し、だんだんとコトバになり、文章になっていった時、文学が生まれました。それは人の感情を奮い立たせ、あるいは感傷に浸らせ、あるいは激怒し、あるいは喜び、そして悲しみに沈むことさえあります。たとえばそれは文学のチカラです。文学ではそのレトリックが大切なように、建築の世界では「空間」をコントロールする技術を持つ必要が出てきます。それは表現のための技術ということが出来るでしょう。そんな技術を少しずつ覚え、自分自身の中に空間創造の喜びが生まれてくることは、あなたもかつてレゴブロックで遊んだ時に知っています。そして少しずつ表現力の世界へ入っていき、その喜びを分かち合うことが出来る建築を創り出す事が出来たらわたくしたちも嬉しいと考えています。