コンテハウス実績No.1_株式会社archimetal.jp 現代コンテナ建築研究所(Brand名)  圧倒的な実績をこのWEBでご確認ください。日本のコンテナハウスの歴史は現代コンテナ建築研究所の歴史。設計・監理・施工のお手伝いをいたします。お気軽にお問い合わせくださいませ。現在700FILE_記事掲載中。

わずか10㎡のラララ

仕方ない。また真似をするのだろうが、教えてあげよう。この20FEETコンテナは屋根の一部がないので床面積は「10㎡」を切っている。10㎡を切る事の意味は考えてくれたまえ。
10㎡を切るために一部の屋根をなくしているが、その事そのものも「デザイン的に活かしている」。

terada001

斜面に浮いたように設置されたユニットは、重力から開放されたかのように軽やかだ。

terada002

それぞれのユニットは設置された向きもリズミカルに向きを替え、高さも変えてある。その間を一見不定形な階段が差し込まれている。その造形が示すコードは「独立」と「調和」という事かも知れない。

terada003

傾斜地のコンテナハウス(鉄とガラスのラビリンスwith greeeeen)
傾斜地のコンテナハウス(鉄とガラスのラビリンスwith greeeeen)
いくつかのエスキースの後におおよそ固まった「傾斜地のコンテナハウス」。出... 
コンテナガレージを作る |DIYでガレージを作る(コンテナ1台)
コンテナガレージを作る |DIYでガレージを作る(コンテナ1台)
大事な「マシン」専用のコンテナガレージをDIYで作ろう。 写真... 
ハーフハイトユニットの架橋(ブリッジ) 作った意味は構造的な意味だけではない
ハーフハイトユニットの架橋(ブリッジ) 作った意味は構造的な意味だけではない
ハーフハイトユニットの架橋 吹き抜け空間にかぶさる「架橋」 ブリッジは空...