新たな体制でコンテナハウスの世界をリードしていきます。 「新たに広がった建築の選択肢の一つ」それが「コンテナハウス」「コンテナ建築」なのです。 最もアイデアと実績・ノウハウに満ちたWEB_SITE

とけあって繋がるフルペネ溶接による剛接合とコンテナハウス

なんちゃってコンテナハウスを作っている会社の方々は知らないだろうが、トップランナーたちは「改造コンテナハウス」の方々がおおよそ知らない世界を突っ走っている。

鉄骨の世界を甘く見てはいけない。当然やるべき世界のことも知らず「いまそこにある危機」のことを以前書いたが、未だに知識もないまま、漠然と改造コンテナハウスを作り続ける勇気に悲哀すら覚える今日この頃だ(爆)。

150_003

なんだか、随分「コンテナハウス」を扱う会社が増えてきて、そのこと自体はそう悪いことではないと思っていたが、「安くできるでー」「中国で作るからやー」と、わたくしどもも中国や韓国で作っているが、安いがイチバンの掛け声で、建築基準法も何もかも無視しながら作るおおかたの方々は、本当に邪魔くさい(爆)。

長年草分け的にこの世界でモノを開発していると、随分と最初の頃より遠くに来たものだと思う。「モノ作り日本」の名にかけて、海外生産しようと粗悪品は作らない。ジャパンクオリティーを守る姿勢を崩したらあんた、ただのブローカーやで。いままでいくつもの会社が業務提携を申し入れて来た。それは「ビジネスチャンス」や「ビジネスチャネル」を広げるためだけに我々のノウハウを取り込みたいのだ。当社も設計事務所だが、設計事務所の方々もよくアプローチされる。技術力があるのなら自分でお作りなさいませ。

この文章のタイトルの意味すら解らない建築屋や工場にコンテナハウスを作らせてはいけない。建築物は普通に安全に正しい技術を使い、建築基準法を守りながら作らねばならない。