「コンテナ」は空を飛ぶのか。高知に舞い降りたガンシップ

ガンシップが暗喩となっているこのショップ。
40FEET3台が中間のコンテナだけが少しずらしてキャンティレバーになっている。
いかにも「舞い降りた感」を表現している。

高知と言わずリアルバトルゲームの世界ではかなりのエリアまで有名店である。
サバイバルのノウハウはバトルゲームだけではなく「災害時」などにも役に立つ生活の中でも役立つ知識になる。

 

gunship_002

 

gunship_001

この最新作は「GUN_SHIP」がテーマだ。

架台はこの飛行体のバース(Berth)だ。
反重力エンジンを積んだこの飛行体は最新鋭GUNSHIPでありながら、
この小さなバースから飛び立ち、超音速で飛行し、邀撃機の攻撃すらかわし、
撃ち落とす強烈なレーザー砲を頭部に実装している。

この船の中には、シューティングの腕を磨くための「シューティングレーン」も作られている。

IMG_2899

コクピットはチタン製のシャッターがついていて目視がヤバい地域ではシャッターを閉じ計器飛行で飛ぶが、そんな事は今時当たり前、ディスプレーに地表の様子は映し出され自船の状況はリアルタイムにデータ化される。

gunship_004

壁についている小さな反重力エンジンは船のヨーイングを完全に防ぐためのスタビライザーエンジンだ。
このエンジンは当然コンピュータ制御されながら船を静止状態にする事すら出来る。

side

Captain_Takeuchiはキャンティレバーになっている操縦室に鎮座し太平洋と日本の民の安全を見守っている。

とまあ、そんなストーリーだ。
実は「エアガン」のショップだ。

gun

gunship_005

モデルとなったガンシップ。

gunship_by_alex_ichim-d77ysyw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です